2018年07月13日

croatia スパシーバ

赤坂自民亭のことは台湾では報道されているが本国では周到にshutoutされているみたいである。そんなウンコにハエとコバエが集る終わる寸前の国で見るW杯の、W杯の中身の腐敗も知っているが、そういうものが払拭され影響が極力ないのが、死闘の後半〜終盤ということになろうか。

今回のW杯は非常に「クロート受け」の大会だったと思う。そのアンチはその辺のおばちゃんでも知ってるジョガドーレが最後まで残る、とかいうことだ。クリスチアーノ ロナウドやメッシやネイマールということになろうか。天神橋筋歩いてるおばちゃんが3人のうち「1人なら」知ってる、そんなレヴェルなら100パー近いはず。

今回はそうではなく、ほんとにバランスのいいチームが最後まで残った。特にフランス、ベルギー、クロアチア。サッカー関係者も「嬉しい」のではないかな。

突出した個人というのはおれは大好きだけど、今回はそれだけでは勝てないな、ということはわかる。こいうのは「一種の流行」であるから、今年はこれでいいのである。戦術もまたSwingしている。だから永遠に有効な戦術はない。と同時に、古くさいとされているものがあまりに斬新な戦術の前で意外に効果的なことがある。こういうところがサッカーの面白いところでもある。今回で言えばSwedenやEnglandかな。F69CBA16-9371-4F9F-878A-B5418674E743.jpg

だからっつって、これはないわ。

優勝ならともかくbest4やろ。

もう、、、。タマウラとかコーモンまで。優勝してたらどうすんの?内臓とかいらんで。

イングランド、、、、、、。

さて決勝だけど、クロアチアには勝ち目は無いと思うがsupporterである。これがフランスvsイングランドだったらもうおれは見ないかもしれない。なんか起こる可能性があるのと、ゲームに最後まで緊張感があるだろうからフランスvsクロアチアは見る、絶対。3-0にならない限りその緊張感はつづくと思われる。

サッカー文化が「根付いていない」こちらの国ではナショナルチームとなると右翼的なるものの発露となってしまう。全てではないがそこはかなり怪しい。韓国にもそういう性格がある。しかしそこは近現代の歴史を思う時、しょうがないような気もする。特にvs Japan。韓国のサッカーは「いかつい」がかっこいいサッカーでは全くない。やはりアジアのサッカーなのだが、まあなんともいえないな、といつも思う。いいとこはハードワーク。徴兵制ってなんか関係があるだろうか?そこ詰めないことにする。

、いいサッカーをするなら、おれは称賛する。Japanも2/4はとても良かった。収穫あったね。クリンスマンはポシャったみたいだね。D通の思惑現実化しなかったというのはいいことだ。ただ、おれは監督はガイジンがいいと思うが、まだ。

ハートが痛むことだらけで一瞬遠ざかりかけたW杯だったがクロアチアチームが興味を持続させてくれた。


posted by 浪速のCAETANO at 00:07| 大阪 ☁| Comment(0) | カルチョ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。