2018年07月14日

Long hot summer ‘18

k女帰りに先斗町で飲んでいて最終の快速急行に座るのヤだなと、となりの各停に乗ったら正雀止まりでなにすんねん、だったが、梅田最終が来て、しかし中津は止まらんので、十三から橋を歩いて渡って店までたどり着く。it was a long way.
EP 4のユンと会った。

k女の坂の上、プリンセスラインのバスを待つ間、暗闇の中でタバコを吸っていた。大阪にいると、暗さを忘れている。京都は「ちゃんと暗い」。それは値打ちだなあと思う。

カーラ・ブレイトリオの演奏を聴きながら。異才のひと、カーラ。その時の精神に寄り添う音というのがあって。jazzはほとんど聞かないのだけど。

明日は久しぶりにTodo O Mundoでライヴを。非常にプライヴェートなものなのでチャージとかはなし。「音楽好きのマスター」の気まぐれ、みたいな、だはは。

歌も歌ってないし、ギターも弾いていない。だから、リハビリを兼ねて。もうしょっちゅうリハビリいるからね。ただ、以前書いたように、エネルギーの伝播を、と。声もギターの音も、波であるから、波は空気を震わせるから、そしてそれは忘れた頃に、誰かの元へと届くのだ。行為とは全てそういうものだと思うが、もっと意図されたアートはより意味を持つ、かどうかはわからんが、意味とはいつか誰かの中に改めて立ち上がってくるかもしれない。そんな夢のようなことを考えながら。

マルタニカズ=浪速のカエターノ

Ao Vivo

@

Todo O Mundo

7/15 20:00


外は36度という。出かけるのも命がけでである。今年の夏は長そうだね。







posted by 浪速のCAETANO at 14:46| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。