2018年07月30日

いや、ほんとに

《わたしたちは、地上に存在したいかなる民族よりもたくさんの小麦、とうもろこし、食料、綿花、そして金をもっている。それなのに、餓死しかかっているのだ》wil Rodgers
70年以上前の言葉だが。第二次大戦前。

さすがに餓死は、、、、ではないもんね。餓死はある。この国においてもね。そこだけはないで、なんぼなんでも、だったが、今はある。資本主義の獰猛をナメちゃいかんのね。

今そこにある「食料と資産」史上最大だと思うがそれが「行き渡っていない」。持つものが持たざるものに「条件つけてる」。「お金払えば売ってやる」だけどね。

150年前までは階級は固定されていた。江戸era。そこからも大して変わりはない。大正の時代に普通選挙法が制定され、だが治安維持法とセットだった@1925。

そこでの反逆者(英雄ともいう)はその治安維持法を根拠に圧迫、粛清された。

敗戦後、日本国憲法のもとで、そうだなあ1960〜1990ぐらいの間だろうから、階級の固定がユルかったのは。ダイナミズムはあったよ。大学に行く意味も極大化したと思う。

1990とはバブルが完全崩壊の年だ。バブルでパンツ見せて踊ってた世代はおれより5〜10歳ほど若い。おれたち世代はバブルだからといってそんなに浮かれた思い出はないなあ。それ以前の「高度経済成長」の方がそのベース値が低かったこともあって、ダイナミズムはより大きかった。0→1というのは変化における文句なしの最大値なんだね。パーセンテージ表示は不可能。初めが「0」だしね。0分のという計算はムリなのよ。

飛ぶが滝川クリステルの「お も て な し」はマズかったとおもう。あれ、外国人観光客に「擬似SMrpg」の約束を公言したようなものだから。非常にマズかった。そして卑しかった。まs、こちらの国の運命を予言したような。近いうちにchina はもとよりkoreaにも、そこが唯一の頼みだった経済で抜かれ、彼ら相手の水商売で食って行く国(ある側面だが)になるのは既定路線。それは、そういった政策を作ってるんだからね。頭悪いなあ、と思う。為政者はズル賢いのね。支持者が頭悪い。感心するほど頭悪い。なんでそんなアホなん?と一人一人に訊いて回りたい。1人目で喧嘩なるだろうが。そんな「従順」でいいの?

LDPの総裁選挙。どこか遠い話のように感じるね。党員以外は権利がないからね。その制度にも問題あると思うが、これが直接選挙であったとしてもさほど結果は変わらん気もしてる。みなさんのメンタリティの問題かもしれないから。わからない。少しは変わるかも。どうだろう?

ただ、その方が「諦め」がつくか。参加するからね。PMよりは石破ちゃんの方がマシである。言葉における合理がある(いや普通大概の人間には、ある)。そういう意味で、とんでもない人間が今トップにいることをおれたち、本当に自覚しないといかんのだけど。ハエとコバエの数もまあまあ多い。

「日米地位協定」のことに言及したのは、買い、だ。政治における「not worse」を追求するとするなら石破ちゃんである。no choice。タイマンの「討論会」まで行けば「勝機はある」気がする。ビビらずにやっていただきたい。PMの背景はものすごい怖いが。

現実から少しでも、おれたちは距離を置きたいの。これ、切実なんだけど。







posted by 浪速のCAETANO at 14:27| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。