2018年08月10日

長崎の日に

空は秋  ただ美しき  祈りのひ



鳴り響く  祈りのかねに  こらのゆめ




即興でも  詠まねばならぬ  駄句ばかり



「なくなっていく人、多い。そのひとの生きざまを知りかんがえさせられる。自分らしく生きねばね、価値がない(談)」
posted by 浪速のCAETANO at 04:37| 大阪 ☁| Comment(0) | 丸谷たきこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。