2018年09月09日

大坂ちゃん

いくで、これ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ほんまにいった。途中でセレーナが暴れたから、興削がれた感はあるにせよ、そしてレフェリーの判断にブーが続いて、ちょっと可哀想だったね。

しかし、グランドスラムやで。シュテフィ グラフが取ってたグランドスラム。

「こんなおわりかたでごめんなさい」とか言わすなよ。だが訥々と喋るあのやり方は「Japanese」だった。好感もてたし、持たれたと思う。松岡修造も同じようなこと言ってたな、だはは。こういうの、右翼とは言わんの。

彼女のplay styleは強力なサーヴィス、ストローク、そしてフットワークと偏りがない。スタイルが誰に最も近いかというとグラフだと思う。すべてのプレーヤーの中で一番バランスが取れてるもんね。完全アウェイの中、ほんとにすごいね。

大器だね。ランキング1位もあり得るだろうね。

大坂なおみちゃん、ほんとにおめでとう。
posted by 浪速のCAETANO at 06:08| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。