2018年09月11日

Caetano takes in David Byrne

0189DDB1-62D4-400F-AD17-027DDD575695.jpg

カエターノ ヴェローゾがディヴィッド バーンの「アメリカンユートピア ツアー」を訪れた。

カエターノ ヴェローゾとディヴィッド バーンは金曜のニュージャージー州マンマウス大学でのバーンのアメリカンユートピア コンサートの楽屋にいるところをカメラに収められた。カエターノが観客で来ていて、楽屋を訪れたのだ。彼はインスタグラムでショーへの賛辞を発信している。ポルトガル語からのラフな訳ではあるが以下に付け加えておく。

ここからカエターノが語る:

【ディヴィッド バーンの(アメリカン ユートピア)のステージは信じられないほど素晴らしかった。いつも言っていることだが彼は最もシックなロッカーである。今回もまさにその通りだ。だが今回のショーには生命が、自由が、そして世界に蔓延する沈んだ魂の感覚を和らげる力を持ったエネルギーの輝きがあった。ディヴィッドの音楽とステージを前にしてその会場にいることはトランプのアメリカにいることとブラジルからのニュースを受け取ることなんかの真逆である。キミの友人でいることがさらに誇らしくなったよ。ショーの中で、それぞれの曲は非常によく練られたステージ要素だった。コレオグラフィー(振り付け)のクオリティは全体がひとつの有機体のように構成され、ポップミュージックのコンサート構造における重要な要素になっていた。ブラジル人ならそれを見た誰もが私の意見を理解してくれるだろう。ここでこれを見たことは例えようがないほどの体験だった。ミュージシャンたちは、みんなワイヤレスのアンプリファイされた楽器を持ち、ダンスし、ディヴィッドとのいいコントラストになっていた。それぞれの曲において、リズム・メロディを伴って歌われるフレーズがより良く歌われるようにである。それは真の喜びと美、そしてわたしたちを押しつぶそうとのしかかり脅かす利己や卑しさを許さない精神性を生み出す。そしてグスタヴォ ディ ダウヴァ(10代の頃から知っているバイーア出身の天才パーカッショニスト)、マウロ ヘフォスコ、ステファネ サン ジュアンが参加していた。友人たちだ。それはこれまで行われた中で最も美しいロックあるいはポップ コンサートの一つであり、他のどれとも似ていない。】


拙訳ながら、この2名だから。
posted by 浪速のCAETANO at 21:18| 大阪 ☁| Comment(0) | CAETANO VELOSO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。