2018年09月14日

未編集なら、生ならなあ


討論会。

代表質問、まあまあ攻めている。倉重ちゃんだろうか。

しかし、回答は国会と同じ。倉重ちゃん、仕返しが怖いね。

喋れば喋るほど。アホがアホであることが周知され、石破がまともに見えてくる。言葉は通じるな。

しかしこのあとの編集で、どマイルドなものになるのだろう。7時のニュースとかで。

朝日の論説委員の問いにはかなり苛立っている。ほんと、中身のない男である。内容のないことを喋りすぎて時間オーヴァー、ルール破り。

アホノミクスに「不正常でリスクの高い、、、」という枕詞がついた。でも「トリクルダウンて言うたことないです」には呆れる。

それについてアホが言ってるのは「目の前の好況に一見見えるなにか」。なるほど、supporterと全く同じで、「目の前」のことしか見ていない。子世代のことはとりあえず考えない、だね。それがよくわかる。メンタルが同じであるから、支持が固いのね。

「滅ぶ」がpmにとってもデフォルトになってるな、それに対して何か長期的に有効な方法を持ち合わせていないのがよくわかる。pmがそうなら、それはオーソライズといってもいいから、誰もそこは「考えない」でコンセンサスということね。

日露交渉。Putinにコケにされたこと。苦しい弁明。22回やって「それ?」という質問。ムキになっている。

拉致問題。逃げている。まあ拉致を利用してのし上がってきた身としてはほんとのことがバレると困る。「すすんでるんですか?」という質問。「交渉中のことは言えない」言えんわなあ、何もないから。「その解決とは?」という質問。ここもムキになるとこ。拉致を解決するとは言ってない、まで言い出した。

憲法。石破「原理主義者」。二項を変える、にこだわる。その原理にこだわる、が懐かしい気がする。ここ数年、そういうモードにはならなかったからだ。pm、小手先の変更について。聞かれてることには答えない。as usual。

pmの狡猾さ無能さ恫喝体質が浮き彫りになる。そんな2時間だった。もっとやるべきだ。



posted by 浪速のCAETANO at 12:30| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。