2018年09月18日

Garland jeffreys

80s初頭の、ムッチャおんなじ声の人がデヴューしてた頃の1人。

よく聴いたなあ。


歌詞もサイコーに好き。

She caught my eye
When she came into view
I met her on some New York avenue
I liked her smile
Her style and her grace
Her sexy walk could light up anyplace
She said to me
I just came in from Paris
I said to her
I'd like to get to know you
She said to me
I'm shy and a bit embarrassed
I said to her
There are some things I'd like to show you
Christine, Christine
I soon found out
It was more than fascination
I soon found out
It was much more than just a cheap imitation
I held her hand
Slowly we got closer
Felt like a man
And not some kind of poseur
Yes it's true she just came in from Paris
Her French perfume I got to know it better
We talked of love and poetry and marriage
Then I discovered that mysterious love letter
Christine, Christine
She caught my eye
When she came into view
I met her on some New York City avenue
I liked her smile
Her style and her grace
Her sexy walk could light up anyplace
She said to me
I must go back to Paris
I said to her
Oh please don't do that to me
She said to me
I got another boyfriend
I said to her
Well why didn't the hell you tell me
Christine, Christine

訳さんでもわかります。中学英語でイケる。

もう一丁。

originalじゃないけどね。このnew wave arrangeがいいのね。


グラハム パーカー、エルヴィス コステロ、ジョー ジャクソン、そしてny のガーランド ジェフリーズ。みんな声帯構造、おなじ。

ライヴではブリンズレイ シュワルツがgだったりする。この辺、知らん相対的ワカモノ多すぎる。苦言。

The Bandからの流れの演奏とアレンジと歌のバランス。疾走感も程よく、音楽には時代の断絶が「実は」なかったことの証明なんだけど、後からきたやつがおのれの無知を逆手にとってエラそうにしてるのがムカつく。キミらなあ、マーケティングにやられてるだけなのよ。おめでたいわ。

Punk/New Waveを体験せずして今の音楽シーンはやっぱりあり得ない。そこからの発展は「是」だけどね。要は、現実に対して「危機感」がなかったことの証明だね。だから、ダメなのね。スタート時点からね。その危機感は現在のジャメヴュ(予知夢)だったこともわからんやろなあ。

すっぽんぽん’ズの方が100万倍「分かってる」

って、誰に怒ってんの、おれ?
posted by 浪速のCAETANO at 14:05| 大阪 ☀| Comment(0) | new wave | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。