2018年09月19日

不思議の国の◉◉◉◉

こちらの国の不思議。
なんでまたあんな程度の悪いのがね。

TVの正直さ、今回は貢献したね。あの落ち着かない目の動き、目開けた状態での「REM睡眠」であるね。ちゅーことは、目開けて夢見てるのね。だからあんなわけわからんことばかり喋り続けられるんだね。

あのおっさんによって、利益を確実に得てる、あるいはracist、ぐらいしか支持層の属性が思いつかない。そんないっぱいいるの?ヤバいのが。

しかも、海外での「he made the most fool of himself」といった、やってる感を根こそぎ抜かれるような報道。そこは一般にはなかなか伝わらんの?Putinに出し抜かれたことだけど。さいっこうのbargain sellerとはいえ一応カタチのないもの中心の商売してたのに、今度は島ですか?estate 来たで。腰座ってきたね。ここ右翼の方々、何も言わんの?これもまた「不思議」。

北方領土とは「かつての」街宣車のmain themeだったよね。最近どうなってるのか?pmって、その態度、行動って、そっち側からのテロに遭っても不思議ではない。以前の感覚から言うと、そう思えるんだが。ちょっともう構造が変わってしまってるんだね。冷戦終わって30年か。失われ続けて30年。カブるのね。平成も30年。

昭和、平成とおれは半分ずつ生きてるが、昭和の名残がまだあった平成の前半などは「失われ始めた」時期ではあったけどまだ良かった。自分の周りでもバブル崩壊したことはわかっていたが、そこまで影響はなかった。カネもたくさんあったし、あったというより回ってた、が正しいかな。

物事は、傾向に加速度ついて進行するから、ほんとに酷くなったのはこの10年じゃないかな。そうおれの直感と経験は言っている。

だか、その世の体勢に相反して、この10年が「いい」って人もいるんだろね。周りにもそういう人間たちいるもんね。確かにいる。「失われた感」のない人たち。乗ってる船が丈夫だった人たち。助かった人たちね。もちろん本人の努力もあるでしょう。そこ、否定するものではない。それはいいのだ。だが、こういう問いかけはしてみたい。

「自分だけ助かって、楽しい?」

おそらく社会的な感覚を鈍化させることが自分の利益になることを刷り込んでしまったんだね。

pmとの共通点が、見つかった。

TVが露わにしたものとはpmの「社会性の欠如」だった。他者の中でのオノレ、という観点がまるでない男がそこにはいて、非難されると人の言葉を遮って、問いかけには答えず、ただただ制限時間内を乗り切りさえすれば良い、そんな動機が、これも「刷り込まれた」哀れな男の姿があった。

だが憐れみは禁物である。

あれは「pmというプロジェクト」だからだ。本人の無能や薄情、冷酷を非難しても片手落ちも片手落ち。逆に術中にハマる。そんな「手の込んだ」プロジェクトだった。ドラマからのfeedbackがあるのかもしれない。架空の話を現実化する、ということなのかもしれない。支持率の偽造なんて、あったり前田のクラッカーであって。そう思えるのね。

暖簾に腕押し感はそこからきてないか?その現実感のなさはそこに原因がないか?

質の悪い、品にかけるfictionの中におれたちは取り込まれているんじゃないか、囚われているんじゃないか、そうも思えてくる。

この5〜6年、ありもしないようなこと(自然、人為ともに)が起こり、心の準備が間に合わないままに、現実(のようなもの)が先へ進み、おれたちはそれを後追いするしか出来ず、気がついた時には、もう事が起こる前とは全く異なる世界に住んでいた。

「project」は仕上げの時間帯だ。過去の記憶って人の感性を左右する。こんなに、事が相次いで起こることってそうなかった。物事は「段階的に」進んできたのだ。こんな、二段飛ばし三段飛ばしってあまり経験がないのだ。だからやられるのね。

今うまくいってて、さほど賢くない人なら、事無かれで現状維持、となるわね。人情としては理解もできる。賢いやつでもwise,smart,cleverいろいろあるし、それなりの立ち回り方、上達してる。なかなかその区別ってムズい。

ただ、おれたちはこれから3年間、本格的に恥ずかしいね、対外的にだけど。完全にATMとしか見られてない。恥ずかしいだけじゃないぞ。おれたちのカネをまた湯水の如くバラ撒かれるよ。さらに貧乏になるよ。China には既に見下され、それどころかKorea にも抜かれるよ。racistは悔しいだろうね。おれ、どっちでもええが。みなさん勘違いしてると思うんだけど、なぜインバウンドか、の意味を考えたことある?おのれが海外行こうと思う時の一因を考えればすぐわかるはず。「憧れ」だけであんなに大量に来ないよ。「安い」からよ。

アジアのちょっとした富裕層はおれたちなんかより全然カネ持ってるね。サーヴィスの質とか物の値段とかを考えればこちらは「お安い」わけです。既にもう社会が「水商売化」してるわけ、メンタルが。道頓堀の店の店長なんかのインタビューでもそれはありありとわかる。大阪のバカmayor の行動とかまさにそれ。アジアの人々の買春天国となる日も近いでしょう。

これもそれも「政策」によって導かれている、って事が、、、、わっかんないんだろうなあ、と松鶴家千とせ師匠化して突然終わる。
posted by 浪速のCAETANO at 10:45| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。