2018年09月21日

Wilco & Norman

目新しさが何もない。サイテーの3年をそれを既視感を伴いながら過ごさなきゃいかんのは、ツライ。じゃないですか?
いや、とってもリフレッシュされました!

そんな人、おったら紹介していただきたいし、それはなぜ?とじっくり話を聴いてみたい、、、、、こともない。

これからは、「どっちにも転びそう」なのでほんとはここからしっかり物事は吟味すべき時間帯なのだが「我慢(patience)」が持つかな?大坂なおみちゃん見習わないといかんよね。

pmにとっては改憲だけがやりたくて、他の政策は「釣りの餌」なのね。そこ、分からないといけない。そして自分の後、のことは実は「関心がない」。そこ、分かっといた方が、いい。

石破のやや善戦により、pm流の改憲の現実は遠ざかったように見える。くくく、4人、カツカレー食い逃げだって。good job!

だが、同時に改憲のためのcmに際限がない、というか制限もないことが確認されてる。キミのあなたの、ご贔屓のタレント、シンガー、アクター、アクトレスが「改憲いいじゃん」「やっぱ、改憲っしょ」とTV、ネットでガンガン流れることになる。こちらの国のひとびと、ムードに弱い、とされる。

どうだろうね?カネにモノを言わせ、ということになるだろう。十分予想できるね。ムードのベース作りはじわじわと始まる。

10日後のデニーちゃん、ポイント高い「all along the watchtower」レパートリーだったな。58か。沖縄がアメリカだった頃が幼少期だったわけね。お相手候補がこれまた酷い輩。ウチナンチューで、そっちって痛いな。そういう人、chinaが狙ってる、が自論、って多いけど。まあそこも小金も動機になっていると思うが、痛いし哀しいね。

Ruling parties動員かけてるよ。大丈夫かな?心配してる。見守るしかないけどね。


今日はWilco JohnsonとNorman Watt Royを見に行く。もう何度目になるだろうか?4?5?最初に見たのは、それ自体ももう忘れた頃にっていうかmid80s だったと思うが、「やっと見れた」そんなタイミングのIan Dury & the Blockheadsの公演だった。Normanはそこのベース、そしてWilcoも最強のカッコいいR&R「Sweet Gene Vincent」で「必ず」乱入がお約束だった。

あれから35年。It’s a long time.

Wilcoもガンでもうあかん、と言われてたんだけど、樹木希林さん以上の、死ぬ死ぬ詐欺(喜ばしいことだけど)で復活して、こうやってその後2度ほど来日も果たしている。gもbも本日は「ガッツ」の塊みたいなものなので、体の芯が熱くなること必至だ。Normanはどれだけそのルックス「さらに怖く」なってるだろうか?

バタバタするのが嫌だったから塾はお休みにして、梅田の立ち飲み〜Quatro 、そんなルートがいいかなと思っている。





posted by 浪速のCAETANO at 13:47| 大阪 ☔| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。