2018年10月05日

ハゲがA

ナイ=アーミテージ レポート;
アメリカの国務省の元高官らが日米同盟に関する報告書を約6年ぶりに発表し、

@【中国との衝突の可能性を念頭にアメリカ軍と自衛隊が共同で任務にあたる部隊の設置】を提言しました。

 アメリカのアーミテージ元国務副長官らはこれまで3回にわたり、日米同盟に関する政策について党派を超えた提言を行ってきました。2012年8月以来となる今回の発表では、

A【南シナ海などを巡って中国と偶発的に衝突する可能性】を懸念し、

B【アメリカ軍と自衛隊が共同で任務にあたる部隊の設置】を提言しました。また、中国の軍事力や

C【北朝鮮の核・ミサイルの脅威】に対応するため、日本政府はGDP(国内総生産)の1%以上を防衛支出に充てる必要があるとしました。貿易
については

D【トランプ大統領の保護主義的な政策に懸念】を示したうえで、日米貿易の自由化に向けて両国の政府高官と企業トップを交えた議論を提案しました。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2018


さて。

戦争屋の思惑とは上記。
@Aから考えると「偶発的」な衝突は「デフォルト」とされているように思えるけど、どう思う?

@Bを見たら、その際、米軍と共同で、と言ってるけど、どうなんだろう?共同なら米日vs中ってことでしょ?それは大変なことになる。米議会の承認も要る。ということで、自衛隊単独での攻撃,応戦ということになるんじゃない?アメリカはほとぼり覚めそうな時に「まあまあ、お二人とも、、」って出てきます。なんか鉄砲玉ぽいね、自衛隊。どう思う?

Cあのさ、ノーベル平和賞が文、キム、dtに与えられるかどうか、って時に、それはないやろ。って思わない?ズレてるでしょ。ただしこれさ、「pm一味」の言うてることとそっくりでしょ。どう思う?

D読むだけでもdtと彼らがまったく異なる流れの存在ってわからない?ただし、彼らがレポートを出せたという意味はdtの相対的パワーが落ちてきてることを意味するだろう。ちょっといけない傾向と見てるよ。

だからdtがね、困ったおっさん、とかpmと同類、といった「非常に雑」なものの見方は辞めましょう、と言ってる。pmはサイテーだよ、たしかに。ただし、こちらの国がdealできるチャンスは後にも先にも《今》しかないのよ。みすみすそれを逃すの?


posted by 浪速のCAETANO at 15:30| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。