2018年10月06日

Everybody’s comin’ to my house





カメラだったらなあ
ハガキだったらなあ
きみをわが家に歓迎するよ
遠くに行かなくても良かったんだ
家と庭があって
草と木もある
着いたならよく確かめてごらん
膝まずいて

さて、みんなうちにやってくる
だからけっして独りぼっちにならない
みんなうちへとやってくる
で、みんな帰ろうとしないんだ

指差したり説明したり
きみのガイドになって
皮膚はロードマップみたいで
眺めもすばらしい
写真を見てると思ってみて
クルマを運転してると思ってみて
窓を転がり落ちてるって思って
ドアを開けるとこを想像して


さて、みんなうちにやってくる
だからけっして独りぼっちにならない
みんなうちへとやってくる
で、みんな帰ろうとしない

我々はこの人生におけるツーリストにすぎず
まあ単なるツーリストだが視野は良好
で、決して家には帰らない
そう、家には帰らない

我々は人生におけるツーリストに過ぎないが
視界は良好


さて、みんなうちにやってくる
だからけっして独りぼっちにならない
みんなうちへとやってくる
で、みんな帰ろうとしない



By Byrne and Eno
posted by 浪速のCAETANO at 11:22| 大阪 ☔| Comment(0) | 訳詞David Byrne | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。