2018年10月08日

資本家の薄情

昨日のNHK、孫ちゃんが、強欲資本主義者でした〜、実は。新自由主義者でした〜、隠せない〜、だったね。新井紀子氏のツッコミナイスだった。「無責任!」
気の持ちようでAI時代に対処出来れば世話ないよね。で、前段で、仕事は奪われます、ってそれ、なんだ?

仕事はAIに奪われるが、明るく行こう!って「なーんにも語ってない」

シンギュラリティ近づいて来てる、という実感がヒシヒシと。

成功者がどこかで「ごあさん」にする、ってシステムがおれはいいと思うんだけど。「誰も」賛成せんとおもうが。

カンケーないが幸福の科学のムスコ、ウケた!オンナの趣味って大事よねえ。

戻るが、「元労働者」はどうすればいいか、ってのを考えずして「ロボット、ロボット!」って言うのはあまりにも、あかんよ。元労働者はキミらの商品、サーヴィスのための顧客であるのに。資本主義者が資本主義の首を絞める、という現象だよね、それ。金のない元労働者を大量に生み出してどうするの?

パラダイムが変わる時は、まあ、それに伴い新たに出現する仕事もあるだろうとは思う。ただしかし、その仕事を組織することがカネのないものには遠い。思いついてもパクられて組織にやられる。

現実には、特権的な事例として人の仕事は残るだろうと思う。例えば、気持ちのいいバーのバーテンダーとか。接客業の二極化とか、そんなことになるだろう。人はある季節に人肌が恋しくなったりするように、吉野家でロボットが運んでくる牛丼を殺伐と食うだけでは気狂ってくると思う。最初は珍しさってあると思うけど。ロボット→ヒューマノイドへの揺り戻しが必ずあって、「ロボットandヒューマノイド」というとこに落ち着くはずだ。じゃあ。ヒューマノイドの時給上げてあげてよ。

確かに注文、配膳、支払いを全部やる吉野家より、自販機で支払いが住んでる松屋の方が気楽っていうの、こちらにもある。お店の人もお金触らなくていいから気楽だという気はする。マクドナルドもコトバマニュアルめんどくさそうだし、最近行ってないが。

しかし、ほんとうに職を奪われるのはホワイトカラー部門であるだろうね。調査、分析、そんな分野はAI得意だしね。おれもそんなAI欲しいもんね。孫ちゃんはそんな精神のことを言っていたのかもしれないが、いや、孫ちゃんの立場で、人の切り捨てを、見て見ぬ振り、というのは良くない。

成功者はその成功の原因をおのれひとりに帰すことがあってはいかんと思うよ。育ててくれた社会がそのベースってのは自明だし。自分がいた社会とその人々が顧客となってる場合は余計に。

恩返し、ってコンセプト忘れちゃいかんのでは。
posted by 浪速のCAETANO at 16:58| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。