2018年10月21日

日曜だね

さて、いろんな学者、投資家が「消費税10パーセントでこちらの国、終了」と言ってる。
この命題の「対偶」は「終了していなければ消費税は10パーセントではない」となる。

さらに進んで、終了させたくなければ消費税を5パーセントに下げなさい、と言いたい。

10パーセントというのは「分かりやすい」。アホでも計算できる。それはnegative に働くだろうとは、上げてみんでもわかるというものだ。

戦略として「上げるあげる」と言うときながら、「うーん、やっぱり辞めといたげる、【キミらのために】」といった恩着せがましい戦略もあると思うが、据え置きで恩を着せられるのはまっぴらゴメン。恩着せるんなら「下げろよ」。

しかし、軽減税率の混乱はどうするのだろう?大混乱になる。

愚策。

pmは李氏朝鮮がモデルの国にしたいという説もあるぐらい。身分制度、差別意識、技術、労働の蔑視、愚民化、現実離れした外交、事大主義と両班(官僚)。

順調に進んでるね。


「RightとでもMilitaristとでもどうぞおよびください」と開き直るpmであるが、そうは呼ばない。実はどちらでもないから。

呼ぶとするなら「Bargain Seller」「Nepotist」「李氏朝鮮」だから。


読みたい本が多すぎて、予習が進まない。月曜の予習はほんとに大変で、それは物理、化学、生物、数3、数2b、数1aの入試レヴェルの問題の解説をしないといけないからなのだが、こんなに勉強するのは生まれてはじめまして、なことで、受験生の時代でもこんなに勉強していない。ええ加減なものだった。聴きたい音楽、というなら、ながらでもいけるのだけどね。

弱音をはいても誰も「?」や「で、だから?」とそんなことなので、もうやめるが、ほんとに自分の要求だけはするが、compassion ハナクソぐらいしかないやつばかりなので、おれの周囲は。な〜んて。愚痴。はい終了。





posted by 浪速のCAETANO at 11:23| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。