2018年11月12日

普通で狂ってる

全ての鰭を切り落とされたサメの、彼は海底に沈み、やるせなさそうに身体をゴロンゴロンさせていたが、ゴロンゴロンというのはおれの牧歌的物言いでほんとは苦しくってしょうがないのだった。彼は死んだ、という。

もちろん人間の仕業である。

天井から吊るされて鉄パイプで本気でケツバットされている人を見た。やってるのはその会社の社長であるという。当たりどころが悪けりゃ、背骨とかに当たるとヤバいなと思う。

モンゴルの留学生が膝にパイプを挟んで正座させられ、その上からブロックを積まれるという「拷問」にあっていた。

指3本機械で落としてその挙句、国に帰れ、と言われたヴェトナムの子、時給300円で16時間働かされた中国の子。

何してんねん、人間!そしてにほんじん!



サメ以外はこちらの国の話である。smは当人同士の合意があればええと思うが。そうじゃなかろうね。ちょっと何かおかしい。エロ要素はそこには皆無である。人権意識が急速に減衰している。政治の影響も大いにあると思う。弱者になれば「イヂメられて当然」なのだ。そんな無意識が意識上に顕在化しだしてる。


入管も酷いことになっている。太郎ちゃんが国会でよく取り上げていた。自殺する人が続出である。

想像してほしい。よその国に、勉強、仕事にきてその現場にいられなくなり逃げた挙句、収容され、クソひどい環境に置かれ自由も剥奪されることを。気が狂うと思うが。

そんな状況で本格的に「奴隷労働者」を大量に入れようとしてる。家族は呼べないなど、なかなかに屈辱的な内容である。こんな国来ちゃダメだよ。決して責任とらんからね。こちらの国の人間も「使い捨て」なのだから。k

基本的人権に対して「ヒト」が多すぎるのだろうか?そんなイメージ。人は人が邪魔なのかもしれない。だが、いつ自分が被害者になるかもしれないのにもかかわらず、そこ、想像力、ないみたいである。

テクノロジーは自己増殖化により進む。人はちっとも進まない。乖離はどんどん進む。それを、おのれが退化することによってバランスとってるのだろうか?

「日本が売られる」などを読むと、なんとこちらの国の人々が「真実」から「遠い」のだろう、と重たいものが心に溜まっていくのがわかる。多くの人に読まれるのはいいことだ。いいことだが、それでもまだ超マイノリティである。権力側はけっして認めようとしないし、詭弁で逃げ切ろうとする。薄ら笑いが気持ち悪い。気持ち悪い、いうてる場合ではないのだが。

Icon、誰か消してくれない?もうほんまに限界きてるよ。この壊れ方、修復できんよ。小金とか持っててもどうもならんよ。ねえ聞いてる?


posted by 浪速のCAETANO at 16:48| 大阪 ☔| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。