2018年12月12日

地面と空気を同時に震わせる: Dulce Pontes

リピートばかがいて、そいつminister of foreign affairs なのだが、もうくしゃおじさんみたいな顔でそれやられると、もうギャクとしか思えない。「ホテル ニュー 越谷」を思い出した。最後「なーんちゃって」で締めてくれよ。

報道の自由度さっすがに72位の国なだけのことはある。

バカ過ぎた。


昨日、京都帰りの、Dolce Pontes 久し振りだったんだけど、その歌に(ao vivoだったこともある)圧倒された。おれも演ってる「O Laurindinha」のポルトガル セット、すごかった。

Dolce com Caetano 、com Cesaria Evora e Marisa Monte と続くのだが、後者、それは【Expo Lisboa 98】とあるから複雑な気持ちになる。確かにCaetano の初来日は【花博】だった。まあ、大阪万国博覧会に彼女らが来るとは思えないが、予算がたっぷりあり、呼ぶ側がセンス満載であればそういうことも実現するだろうが、、、。

Amaria の正統な後継者で、かつそのスケールを遥かに超えるDolce Pontesだけど、Portogal の土壌、ユーラシア大陸全土、その上にある空気、それらを「同時に」震わせることのできるCantora 。よく裸足で歌っている。

例えば小野リサがfadの修行に行ってけちょんけちょんだった、そんな事実がある。資質にもよるが、圧倒的に歌唱力がないとfadは無理。逆にDulce ならbossa nova も彼女なりに熟せるだろう。

Portogal のtrad.も大好きなのなのだけど、久し振りにやりたくなった。

あるレヴェルを超えたものだけがgreat なのね。あとは、もうおれはあんまりいらんなあ。
posted by 浪速のCAETANO at 13:48| 大阪 ☔| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。