2018年12月31日

Byebye (fu⚫️kin’)2018

大晦日である。うーん、年末感、、、ないな。これまでの人生で「最も」ない。
どーでもええ感じ。

ちょっと掃除をしている。一部。身体を使うこと、ほぼ身体だけを使うことも「やや」新鮮。だが、ある範囲を超えるともう大変になるから一部だけ。kitchenまわりだね。放っておくとエントロピー増大の一途を辿るので(辿っていた)、そのエントロピーを極小にする。最小じゃないとこがミソ。そういうのは能力的にムリなのである。

国のエントロピー、ところで、極大化してる。あるものを取り除けばまだなんとかなる。これまでの「mal-decision」をひとつひとつ覆す作業はいるが。最低でも「同じだけ」の時間が要ると思うが、実際はもっと要ることを思えば「元に戻る可能性」があったとしても5年は掛かる。となると10年か?生きてるか?おれ。

そんな時間帯。

だからもうあんまり希望がない、のだけど、こういうこと「新年」を前に言わない、ってのがこちらの国の空気なのだが、知るか!

あのね、まずは(第一義的には)おのれの人生にconvertして考える、って普通だろ?

で、そのあと、社会のことを考える。

すごい逆説的なことを今言っている。ほんとはおれの中では順番逆なのね。empatheticであるということは、それだけでも十分社会的なのだが、それがnon-empatheticのバカたちに踏みにじられるから、ちょっとムカついてるのね。

いやほんま、ムカつく。

これが、以前なら年が変わるということで「水に流せ」圧力がどこからかかかってくるのがこちらの国。これでなんか誤魔化され続けてきたんじゃないの?おれたち。

もうしかしこの10年ほどでHierarchieが固定しちゃったねえ。もういっそ固定でいいのでは。硬く硬く固定するなら、いつか「脆く」なるかも知らんしね。

おれはもう「無産階級」のfreedom を享受していくのみ。突然生き方変わらんのよね。持ってる資産は変わっても(減っても)。

金持ってても「いい死に方」ができるとは限らんよ。へへへ。まあみなさん、明日からの2019、どえらい悲劇が待ってますが、繋がれるところがあれば繋がってなんとか生き延びましょうね。今年はなんとか‘ve survived.

今年、Todo O Mundo、すっぽんぽん’ズ、ザ モルモッツ、marutanikaz y Sentimiento’18に関わっていただいたみなさま、Muito obrigado!

来年も、Todo O Mundo、すっぽんぽん’ズ、ザ モルモッツ、marutanikaz y Sentimiento’19をよろしくお願い申し上げます。

おれは来年は「録音→リリース」の年にしたく思ってます。itemはそれこそ、varietyです。

ではおのおのがた、良いお年をお迎えください。松の内明けるぐらいまでは普通の「平穏」を祈っております。
posted by 浪速のCAETANO at 12:42| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。