2019年01月23日

もうフリ、ムリ

今回の日露会談、さっすがに「やってるフリ」もう今度こそバレたんじゃないの?
ヨメ、カタツムリもらったらしいけど。

なんのために。


大学の行き帰り、第2章の自分校正をしてた。

第2章=【My Life in Performance 】

下世話ではここが1番面白い。みなさんが読みたいところだろう。その期待はほとんど裏切られない、と言ってもいいでしょう。

1枚目から「bush of ghosts」を含め全9枚のアルバムとそのツアーに関して。

「とうとう日本にまで来てしまった」で始まるparagraphがある。最初の、旧フェスでおれが見たときのことだ。前座が「melon」ね。エイドリアン ブリューがいた。衝撃的なライヴだった。それま散々見てた音楽のライヴの全てが「吹っ飛ぶ」かのような。

おれがA Decade-IN FAKEやるキッカケになった。まあその頃から、ずっと意識する存在だったねd.b.は。

大学のあれは四回ぐらいだったろうか、おれは彼らの3rdはまだ聴いてなかった時に、「Life during Wartime 」とそっくりなリフの曲を作ったことがあった。自分が作ったごく初期(1か2か3曲目)。へんなシンクロあるものだ、と思った。ただ、そのリフ自体はそう複雑というわけではなく、Amの曲だけど、そのコードのなかでコード感残しながら、リフを弾くのだけど、16ビートで常にダウンアップでピッキングしながら。いやほんとへんなシンクロあったのね。その頃からにいちゃんみたいな感じだった。でもラテンに最初に舵を切ったのはもう何遍も言ってるが「おれの方が早い」。だからなんというか行き詰まり、ロックとパンクの行き詰まりの中で、何かにoutlet を求めていた、その姿勢もなんか似てるのね。

いや、ほんとに「すべてのミュージシャン」にも読んでもらいたい。そう思う、マヂで。

Performance といっても「えらいちゃう」っちゅうねん。変態butインテリミュージシャンとサルではさ。
posted by 浪速のCAETANO at 23:13| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。