2019年01月28日

忙しい週末だったね、いろいろ

よくわからないのだが、【Lady Gaga活動休止】なんてのが、New York timesの一面記事になることってあるんだろうか?

嵐の活動休止がほぼどの新聞でも一面に載せられてるはずである。

こちらの国らしいというか。活動休止までには2年もある。新たなビジネスモデルかな/だね。

昨日の深夜、高瀬の命時だった。命日でもあるが、あいつが死んだ時刻ごろにだいたいいつも献杯をするのだが。一夜明けて昨日はお父さんが来店。カオリーニョのライヴに行ってきた、というてた。

モルモッツのアルバムを「ちゃんと作るから」と約束をして帰っていった。



おれは栃ノ心と玉鷲と宇良が好きだが、順にパワー全開の四相撲、パワー全開の押し相撲、トリッキー極まりない相撲の別の解釈を追求する三力士だが、逆に嫌いな力士は白鵬だが、立会いの「張り手にエルボー」なんてアレはあかんやろ、とずーっと思ってた。最近は「禁止」されたみたいだが、肝心な時にアレをやられて沈んて行った他の力士いっぱいいる。稀勢の里もそのひとりかも。

白鵬の土俵入りも「誰かなんか言うたれよ」と常々思っていた。いちびったピストン運動みたいなせり上がりやとか「手がピッ」とかほんま、「誰かなんとか言うたれよ」と、ホント財団法人日本相撲協会、サイテーだね。


Male Singlesはジョコビッチの圧勝だった。おれはナダルのテニスが嫌い。白鵬っぽい。ようわからんか/わからんな。必要以上に「圧」をかけるattitude が嫌い。その点ジョコビッチは真摯である。注目はチチパス。全仏ではどうだろう?

Female はもう大坂さんとクヴィトヴァを中心に回っていくのは間違い無く思える。アタマ一つまたは二つ抜けている。だが、大坂なおみとはQuem? Who? いったい何者?コンパという伝統音楽のHaiti 。caetanoがHaiti e
 aqui, Haiti Nao e aquiと歌ったhaiti とjapanのハーフ(ダブルでもいい)でアメリカ在住。国民栄誉賞でバカとの2ショットはやめていただきたい。

いや、大坂さんとは何者か?とはおれたちよく考えなきゃいかんことではないかな?これ、真面目な話。

通常国会が始まる。立法の復権、もう無理かな?ただ今年は選挙の年だ。立法を公的に立て直す可能性は今年しかもうない。できますか?どうでしょう?

チンパンジーが喋っている。「絵に描いた餅」と「おのれの失政を別の言い方での美辞麗句に変容させて」いけしゃあしゃあと。「消費税10パーセントでこちらの国は終わる」。チンパノミクスで弱った社会へのトドメ。チンパが喋って、数字をいろいろ言うのだが、その根拠が崩れているのだ。どーすんの?

チンパの子分が「各大使館に和食のシェフを」とか言ってる。バカじゃないのか?ここで言うことちゃうやろ。

チンパンジー軍団に負けるな、と檄を。




posted by 浪速のCAETANO at 14:01| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。