2019年02月01日

O 10o Anniversario @ 中津

Todo O Mundo
​O 10 o Anniversario 
@
中津

The Party

Feb.16(Sat.)
19:30 open/20:00 start/23:00 close
But it goes on
@Todo O Mundo




Music/Foods/Drink

King 堀内
Caorinho 藤原
Marutani Kaz
すっぽんぽん‘ズ
w/others

Charge(今回、御祝儀)2500円
Foods (free、いろいろ作っておきます)
Drink(通常通り、泡が伝統的)

キングちゃん、カオルちゃん、マルタニ
(Grande Tres揃い踏み・quanto tempo!)
すっぽんぽん‘ズ
その他

AAA60CA2-E057-4902-8886-FF1E3BEB5E79.jpg



来たる2019年2月14日、Todo O Mundo が中津来て丸10年を迎えることになりました。
こないだトータルで20周年やったとこだから「え、また?」と思われるかもしれないけど、こっちはこっちで大事なのね。

外部の方々からはどう見えるかわかんないんだけど、まあ曽根崎時代のゴタゴタから「もうええわ」ということで、まあよく考えることもなく今のvenue へ越してきたんだけれど。まあ、別の切迫した理由もあったといえばあった。shelter が必要な人間がいたのね。今いないけど。

「なんで中津なん?」

これ、当時、よくおれに投げかけられた質問。ねえ、「なんでだろうね」

曽根崎時代もいろいろありましたが、中津でもいろいろあった。曽根崎が1997/8/1openだったからもう一年半ほど時間が経てば【曽根崎<中津】そんなことにもなってしまう。

始まりは2009/2/14のことだった。おれが何気なくValentine’s dayがええな、といったことで突貫工事だったみたい、だはは。

曽根崎の最初のような「cutting edge」とは無縁の「sustainable 」が店是となったのは21年半経って、そりゃ元気も半減したこともあるが社会環境の変化も大きいのね。おれの環境もどエラい変化したしね。

来てみたら「カウンター」で「鉄板」があった。当時はまだ「cutting-edge 」感も中途半端に残ってたかなあ。「あまから手帖❗️」に載ったりした。【Noirなお好み焼き】まだあるよ。時々出る。

それが徐々に落ち着いてきたもんね。20overともなればさ、one of long established と言うてもええんちゃうかな。で【sustainable 】ね。

いろいろ変わった。以前はwine →vodka、今wine→芋、自分のことだけどね。非寛容な世の中になり、それでも基本的にトドムンドはいまだに【寛容】であると思ってます。まあ、その分緊張感のないお客、多いけどね。ちょっとは緊張感持ちいな。

青美店長も3度入院したし、3度肋骨折ったし。きじことginaは逝っちゃったがticoがいる。おれとは犬猿の仲ですが。いろいろあったし、いろいろあるのよ。

で、戻るが【sustainable】ということになるわけよ。

で、最近の中津は、と言いますと;

変容してる。地下鉄側にはタワーマンションが乱立し、グランフロントできたことも大きくって、スカイビルあたりにはJRの地下駅が出来るということだし、このガード内の3丁目もタワーではないがマンションこちらも乱立で、plus店が入れ替わり、店が出来、ちょっと「カネ」の匂いのする街へと変わりつつあります。「北梅田」なんちって、アホかと思うが。土日、カップルが昼間、中津探索みたいなことやってるのに遭遇したり。うちには迷い込んでこない。around 19 o’clock にならないと「開かない」ので。そしてアホみたいに遅くまで開けることもない、最近は。【sustainable】

だけど、そういう周辺の動向とはTodo O Mundoはあんまり関係ない。美人弁護士からは「客筋が良い」とこの前言われたけどね。まあ、日によってお客の色が見事に異なるからおかしい。音楽関係、business-oriented、同級生、ご近所(除・土人)、放送関係、元生徒、いろいろ。まあ、どこでもそうだろうけど。またそれが交わることもあるし。

人との出会いもあったな。以前は豊津在住だったこともあり、クルマ男だったこともあり、ヒマがあれば、豊津からさらに北へと向かう人生だったから。こっち越して来て、クルマもアルファもサーブも最後のランチアも手放し、電車にも「乗れる!」ようになり、最近は「寝れる!」までに成長し、昼間割引乗車カードも使えるほど。それ普通なん?まあ、いいじゃないの。出来んことが出来るようになるってのはね。

こっち来て知り合った人々と今バンドやってる。メンツはほぼ店で出会った人々。そういえば江くんとも「いこい」でたまたま会うたんやった。やや社交的になったかもしれない。

この中津のこっち側でお客の「quality 」が保ててるとこがおれは値打ちやと思ってる。いいお客ばっかりね。ただ、、、緊張感持ちいな。

その緊張感のなさのベースを作ってしまった「故 高瀬仁」。彼の在阪がちょうどおれたちの一年目からとダブる。毎年この時期、命日がやって来ますが、8月の前半〜お盆同様、この時期は「鎮魂」の日々。そして夏と違うとこは「再生」の日が続くところ。その始まりが2/14なのだけど、The Partyは2/16ね。週末にしましたよ。8/1のGrande Annversario とは違ってこじんまりなpequeno Anniversario。親しい方々と、お祝いさせてください。お祝いに参加してください。最大でも20人ぐらいかなあと思ってます。そんな入れないだろうか。




posted by 浪速のCAETANO at 13:03| 大阪 ☀| Comment(0) | TODO O MUNDO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。