2019年02月03日

深夜のガレット

ガレットをどうしても食いたくなった、深夜に。が、蕎麦粉など、ないよねふつう。
うーん、あ、閃いた。蕎麦の乾麺があったよ。パスタ用のふやかし器具あるでしょ。あれに浸けといたらふやふやになった。

よしよし。フォークで潰しにかかる。フードプロセッサー使えばよかったが、ちょっと実感が欲しかった(何の?)。

で、このヤロこのやろと潰す。塩、卵、水足して、更におのれプロセッサーで混ぜる。で、冷蔵庫で1時間ほど寝かして、いい感じ。

よし焼いてみよう。ヒトプロセッサーは、電気プロセッサーにはやはりその徹底度において敵わない。だが、ちょっと荒いのもええやん、と思う(というか言い聞かす)。

フライパンで伸ばして焼く。まあまあ分厚くなるが、家庭料理だからあんまりうるさいこと言わんのね。ちょっと水少なかったね。ドンマイ。

で、あるもんを乗っける。ブルーチーズがあった。トマトはなかったからアラビアータ用のソースで代用。

ベーコン焼こうと思ったがめんどくさくてパス。だいぶ焼けて来た?では卵をどまんなかに落として蓋。

できたかな?フランス七味を散らして、正方形に「折って」葉っぱ散らして。done。


5C6E89EA-C8F0-43B8-8B3B-EC1492DEE34A.jpg

ちょっと見た目、もひとつながら、いやほんとはもっと「パリッ」とする予定なのだが、まあ、いいのいいの、深夜だから。

次回は水の分量、いい塩梅で。ジェノバソースでも良かろうね。生ハム、チーズが定番だけど、そこは何でもいいのね。

蕎麦を蕎麦粉に「還元」、ブリコルール。和訳すると「びんぼうにんの知恵」となる@拙書「つかの間のiyashi 」。


posted by 浪速のCAETANO at 08:14| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。