2019年02月07日

ばかNHKが

あ〜あ、NHK、しょーがないな。
あんまり期待せずに録画していたものを見たが。「銅鐸」だが。

まだ、纏向が卑弥呼の、とか言うてる。

ヤマト王権とかを決定事項にしてるから目が曇る。

九州王朝を見ないふりするから、また目が曇る。

銅鐸を祭祀の具としたのはニギハヤヒ(饒速日命)の国である。

魏志倭人伝に載ってる倭国とは九州王朝である。こらあ、関大の森岡、ええ加減なこと言うな。銅鐸生産を止めたのは卑弥呼であるとか、ほんま、アホちゃうか。纏向はヤマトトトヒモモソヒメ、いたのはね。早口言葉の練習にもなんで。もう、なんか、そんなみんなが期待してること言って、何かのおこぼれもらおうと思ってるのが見え見え。それ、お前の「夢」やろ。それでも学者か。学者が夢を語るなっちゅーねん、どあほ。

銅鐸の国が滅ぼされたのはいわゆる神武の後の欠史9代と言われる大王の後の崇神の時。古事記に載る、親戚みたいな血縁ありそうな豪族を滅ぼしたり、その頃の地名説話に「敵(銅鐸側)を切り刻んでウンコまみれになった」ことからウンコまみれ→クソまみれ→クズハなんて。

まあしかし、いつまでも卑弥呼(ヒミカですが)は神秘的なオンナということで、いろんなとこで特別出演させられるんだろうな。

番組でも言ってたが、祭祀の具が銅鐸から鏡に変わった、と、それは支配する側が変わったからしょうがないのね。鏡を使った、ある種の魔法は、そこ卑弥呼の得意とするところ。近畿圏の前方後円墳はその九州王朝の儀式を再現するためにあのカタチを編み出したわけよね。そこ、ちょっとオリジナリティ。だが、言うとくが、近畿から半島、大陸へは当時は行けなかったからね。航海術を持った部族は近畿には皆無。

そこは海人(アマ)族の独占市場。海人族=九州王朝なのね。みんな知ってるよね。

NHK、ホンマなんとかせえよ。文化関係とドキュメント以外に見るもんないのに。それもあかんなら、お金集めんの、辞めなさい。
posted by 浪速のCAETANO at 11:05| 大阪 ☁| Comment(0) | 古代史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。