2019年02月27日

fact

Factでいこう。

DD938D48-33A4-4EDD-A6D9-EE1FB926D74F.jpg


この貧弱な投票数で、独裁がなされてることはおれたちは覚えとかないといけないと思うよ。

それに比べて辺野古の反対は十分なsignificant difference と言える。

もう国会には協力できませ〜ん、という統計委員長の「嘘メール」を流布してた、もうアホのくそガキ的むちゃくちゃである。

幼稚、やねん。こないだ岡田くんから「取り消しなさい!」と言われた際の「取り消しませ〜ん」とか、amongバカウヨ、湧いたろうなあ。想像に難くない。

口喧嘩に「負けたくない」んだね。クソガキの証、というものだ。

64 years oldのクソガキ。宿題やったことなし。人の話を「理解できない」から、逆に「強い」、これがまた。論理に長けた野党のみなさんにはちょっと同情を禁じ得ない。これ普通のpmであれば「論理破綻」は致命傷である。だが、バカ過ぎて話通じないもんね。変なとこでキレるしね。周りが「は、、、、?」てなってること多いもんね。

だいぶ、飛んだが、戻るが、17パーセントとか、「少数異見」よね。1/6。で議席は2/3というのは、制度に問題がある。が、オセロ状態もまた、可能である。

となれば、「how」だけがissueである。答えは出てるよね。

ある種バランスを取りつつ一本化して(そこがさらなるkey issueであるが)対決するしかないね。そして選挙が終わればまた各partyへと戻っていく、そんなことができればいいのにと思ってる。そんな甘くないよ、現実は、とかいう人間がいるだろう。だが、甘くないの意味が分かりません。甘くない、ってどちらかというと消極的というより「積極的」に見える「現状維持」じゃないのかな?彼らのためではなくおれたち国民のために「公僕」として働かせるわけで。特段かれらが偉いわけじゃないから。もう一度、そこを考えてみるのもよかろうね。そこ、伝統的お上意識の抜けないこちらの国の人間は、政治家やTVに出てる人間に対して「寛容すぎる」というか「卑屈」というか、別に「対等」でしょ。そういう構図を「啓蒙する」バカにこそ、中指たてんとあかんでしょう、まずは。

はい、もう一回上のtableを見ておこうね。たったの17パーセント「しか」取れてない。skg混ぜても1/4もいかない。

Fact.

Looks 土建屋の沖縄1区はリアル土建屋で、笑った。これもまたFact.


posted by 浪速のCAETANO at 19:12| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。