2019年03月10日

フォンテ〜〜ヌ

なるほど、そとばこまち、ね。
悪くないと思う。


もっといいのは「きよし師匠」だが。

横山ノックの延長上で考えるのではなく、元参議院議員、ということもある。

ただ、知事が勝っても市長が負けたらなんにもならない。いや改善にはなるかな。府が抵抗するか。

彼らのモメンタムを削ぐこと。要は。

橋下の存在。大阪のバカ市民の方々の間では英雄ぽいよ、いまだに。
やしき、ってひとが過去の英雄であり続けるかぎり、その地位は安泰、そんな気がしてる。

「大大阪」のニュアンスの残る時代、上岡龍太郎がいた。藤本義一もいた。その引退と老齢化で空いた席が、やしきってひとのものになったのが運の(悪いほうの)ツキ、だったと思う。

対東京のルサンチマンを晴らしてくれる人間が必要だった、ということね。在阪のテレビ局にもそういう「はきちがえ」ある。どこもメディアは「うーん」である。阪神が強かったら良かったのかも。一般の大阪人、「人」としては捨てがたいのになあ。ただ、ぶっちゃけすぎ。東京視線の内部にしかおのれらの存在意義を見出せない、そんなとこもある。網羅したメディアの圧はなかなか大きいからなあ。

なんか不憫だと思う。その不憫におのれも入っている。あ〜あ。


ただ、そこから脱皮する機会でもあるよ。彼らの本質、しっかり見ましょうね。


「ノックは無用」が懐かしい。

「フォンテ〜〜ヌ」

しかし、どっちにせよ、「急がないと」いかんねえ。
posted by 浪速のCAETANO at 14:32| 大阪 ☔| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。