2019年03月17日

忘れちゃいけない

こちらの国でも「既に」起こっている。
クライストチャーチの事件と「相似」の惨劇がすでに起こっている。相模原のやまゆり園での植松某による障碍者の方々の殺害だ。2 年前のことだった。

今回pmはニュージーランド政府に「テロとの戦い」は絶対許さない。共に戦おうね。など言っているが、やまゆり園の際には何のコメントも出さなかった(はず)。

それもそのはず、植松某は「pmもきっと褒めてくれるだろう」なんて事を犯行文に書き残していたもんね。

上からのテロはテロというには構造的にテロではなく、おれは昨日ちょっと間違いました。これをテロと言っちゃいけないな。要は「ヘイト」だから。ヘイトクライムで良いのだ。だから、ヤマユリ園と構図が相似なのだ。

鶴橋でのプラカードを実行に移したということと同値。

だから、pmのやってる事、ニュージーランドpmへのお手紙。ズレてんで、ということだ。

テロリストに対して「失礼」とか言うと語弊を招くかもしれないが、テロとは「構造が異なる」から、人殺しという意味ではその行為の最後は同じだが、動機が異なるものを雑に何でもかんでもテロ、はちょっとおかしい。

おのれの責任ある国内惨事には「知らんぷり」で、他所の国の惨事には「勘違いお手紙」をだす。


メディアがほんと酷い。ヴェネズエラのマドゥロをNHKは独裁者と言っていた。今回の犯人を白人至上主義に傾倒はわかるが、dtを支持、は「聞いたんかい!?」と確認してみたいやんか。

約100年前のこと。当時より、「賢い人間の数」は増えている気がするのだけど、錯覚だろうか?

普通選挙(とは言ってもその制限は大)の実施とバーターで「治安維持法」が出来たのが1925年。特高警察の全国設置は1928。だが、警視庁内に特別警察課が置かれたのは1911。大逆事件がきっかけと言われる。韓国併合は1910。「蟹工船」の小林多喜二は検挙された当日に拷問で殺された。

共産主義だけではなく自由主義思想も取り締まられた。1世紀経って、おれたちは当時より自由に、人間らしい生活になってるのかどうか、とは「?」だが。ただし、大きなものに巻かれる、とか間違ったことに声を上げない、とか、「あかんことのドライヴ」になってる人々の数(割合)はさほど変わらんのじゃないかな。

歴史を知ること、そのためには歴史教育なのだけど、重要だね。swing はするだろうけど、ほらこちらの国の人って「あっちにダー・こっちにダー」が常だから困ったものだけど。

いや、1945以前は「別の国」。不思議なことに以前を知ってる人はもうそっちは「真っ平ゴメン」て人ばっかりなのに、戦争を知らないオヤジ・ヤングに別の国がいい、という人が多いのが不思議なのね。無い物ねだり、怖いもの見たさ、かね?「見たものしか信じない」「想像力ゼロ」。こちらの国のお勉強できる、とはあんまり自慢できるアチーヴメントでは無い。だから両方持ってる人間はかなり少ないもんね。


すべては経済よ。人の暮らしがまともにやれたら、その原因を人種などに帰することもないのだ。じゃ、人の暮らしが破壊されているのはなぜか?富が偏在しているからでは無いかな。それを達成させているものは何か?グローバリズムだろう。越境する資本。人の欲、greed。ほらまた一人一人に戻ってくる。


ところでネイティヴの土地を強奪したのはニュージーランドの白人from Britain.オーストラリアもまた。当然、USAも。時期を限定しないなら、いろんな土地がいろんな民族に蹂躙された。こちらの国においても、ニギハヤヒの国(銅鐸の国)、蝦夷の国(阿弖流爲)といろいろある。



posted by 浪速のCAETANO at 08:59| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。