2019年03月26日

対立を終わらせよう

なんかさあ、こう敵味方を「ハッキリさせずに」個々の生活が営まれていくのがいいのになあ、と思うのね。
かつてのこの国はそんなことだったと思うよ。

でもって、誰でも人を憎みたくはないと思うよ。好きで憎む、なんてバカげてる。rest in peaceじゃなかったpeace in mindなのよ、求めてるものは。誰もが本当はそうだとおれは信じる。

自己顕示とカネへの欲によって人は変容してしまってる。これがおれの見立てですが、異論ある?

すごいやつはもともとすごいし、すごくないやつはどうがんばってもすごくない。これはあったり前のことで、まあそこにはいろんな誤解も混入するけど、そしてすごくないやつが自分がすごいと思ったやつにおのれを投影して、乗っかって少しでもおのれへの利益を誘導する、そんな態度がセコ過ぎないか?

で、すごい、ってなんなん?

みんなが思うすごい、は「わかりやすいすごい」。イチローとかね。それはそれでいい。確かなこと。

すごいのばっかりを求めると、一見すごくないものは「生きる価値」さえないかのようなことにもなる。そんなことはないわけで。もっとチカラ抜いて生きれんのかよ。

わかりやすさ、ってのは大衆化社会のキーワードだとは思う。おれの「大好きな」queenしかり。だはは。

かつて、今をときめく「zak 」から「マルタニさんの趣味、マニアックやからなあ」とか言われたことがある。「え、キミが言う?」みたいな気がしたが。

なんかそうらしいわ。知らんが。

みんなが好き、って、そのみんなのことをバカにしてるとかじゃなくて、単に「信用してない」だけの話なのよね。こちらの国の、そういう社会的みんな、とは「かつての戦争に乗っちゃったみんな」とメンタルが同じだからだ。ここはもう「断定」でいいと考える。

だから、そういったみんな、とは一緒くたにされたくないのね。孤独とか孤立って別に怖くないんだよね。いろんな方角でマニアックであったとしても、必ずそっち方面での「ご近所さん」はいるからだ。だから「真の孤独」とはなかなか現実化しないんだよね。

仮にそうなったとして、妄想に浸れて、そこからいいアイディア出てきそうで、なんかいいじゃん、なーんてさ。


今は「こまったちゃん側が」「住民投票的なるもの」を仕掛けてるのね。どーでもええやん、って思ってる側を無理矢理に「ハイ、キミこっち」と立場を明確にさせる。いや、そんなこと考えんでいい人生が平和な人生ってことなのよ。そして大抵の人は、そんなことほんとは考えたくもないの。

所謂「ノンポリ」でいたいわけよ。それが成り立つためには政治家が「ちゃんと」おのれの仕事をやっとけばいいの。政治家だから公平と正義をおのれと周囲のみなさまに誓って、その信条に基づいておのれも生きる社会のために仕事しとけばいいわけよ。「政治でメシを食う」とかあり得ないから。政治家は要るが政治屋は要らない。そこが原点。そして政治を権力と思ってるやつも要らないね。いつしかこちらの国の状況はそうなっちゃったが。

福田ちゃんとかの時代が懐かしい。鳩山ちゃんも良かったが、おれは福田ちゃんが良かったね、近年では。でね、よくよく考えればそこまでひどい首相というのはpm以外には「そういなかった」し、あんなにひどいsecretaryもガース〜以外にはいなかった。もっと「少なくとも真摯」だった。その職責への敬意が見え隠れしたものだった。

今が「特別」ひどい。

政治は国民と「同質」であるから、いまのおれたちは「サイテー」ということになる。うんうん。


その論理に従えば大阪とは全国一サイテー、とならない?おれはなると思うよ。現状ね。4/7以降はわからない。だが、mayor、どちらも維新が先行、らしい。愚鈍か!

いや、予断は止めよう。微かに希望を持ちつつ、期日前投票行ってこよう。まあこちらも言いたいこと言うにはやることやらな、ね。
posted by 浪速のCAETANO at 12:47| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。