2019年04月07日

あーあ、恥ずかしいが

覚悟はしてたが、20:00:00に勝負あり、ていうの、どうなんだろう?
おれたちはさ、その票差を冷静に見つめよう。「都構想」なる天下の愚策を止めないと。コストはこちら側の方がよりかかる。さるのmayor とさるの市民に囲まれてるわけだから、おれは鬱病になりそうで、外出るのも憚られる、なーんて。

いやでもね、バカかさるが(みんなとは言わんが)電車乗っててその多数であるという事実はなかなかキツい。

マイノリティとして生きていくことを余儀無くされる、なんてことは慣れっこだが、それが今回そして今後それをカムアウトしつつ生きざるを得ないってのは、ちょっとな。

吉本芸人と在大阪TV局(6*8*10ch.)、体制を維持することが儲かるということに気付きやがった。東京では、そのことは、20年ほど前から進行していたがね。遅かった分、その態度があからさまで、工夫もなく、思ってることをそのまま汚らしい言葉でTVで吐いている。

大阪人は何かしらストレスを抱えている。ただそのストレスの解消が維新なの?とはほんとに不思議。おそらく、pm、secretaryと維新が繋がっている、とかを知らんのだろう。さらに、何かがかわる、そんな期待があるのだろう。変わるよ〜。でもキミがその虫みたいな脳でかんがえたようには変わらない。事態はもっとひどい方向へと向かう。

だが、地方自治は民主主義の学校である。議会がどうなるか。維新の過半数がポイントだが、維新強いなあ。そうか、大阪は「被差別部落」のような目で全国から見られる、みたいなことね。

国政の失態が大阪の自民の足を引っ張ってるね。それが維新への追い風になるという、無間地獄のような大阪。

pmは「高みの見物」だったね。大阪ではどっちが勝ってもいいわけで。そこ、わかっとらんだろ!大阪人。テーノーと言われてもしょうがないよ。ザーンネン。

おれらは、というか気づいてない人が大半なのだけど、それ以外の疑問に思う人がどういう気持ちで生きていくのかって、よく考えねば。

最悪の環境だがまだ生きている。うんそうね。まだ都構想が決定したわけではないのだが、抵抗はするが旗色が悪い。

都構想に「未来への幻想」を見てるんだね。都構想で大阪は発展すると思ってる。ふーん、よかったね。

今、知事選では3:2、市長選では10:9ほど。

大阪がズタズタになって初めて何かがわかるのだろう。市議・府議でも今回は維新、強い。府議では過半数取りそう。市議でも拮抗している。そうなればもう「チーン」であるね。全国に先駆けて崩壊して見せましょうか。そんな役回りもある。

もうどうでもええわ、という気になりつつある。花見の雅な気持ちは20時ジャストに消滅した。これから無感情。
posted by 浪速のCAETANO at 23:02| 大阪 | Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。