2019年05月06日

ずっとアホでした

ある方の指摘;

「あらせられますこと」を「あられますこと」と読んじゃって『しまった!』と気づいて言い直し、そして動揺したのか漢字が読めなかったのか、「願ってやみません」を「願っていません」と読んでしまった!


あららら、喧嘩売っちゃったね。でも何度聞いても「上記の通り」。言い逃れ出来ない。文書ならズルして書き直し、手を入れたりできるだろうけど、削除しても削除しても永遠のモグラ叩き。


でもこれはどうすんの?正式に訂正します、というアナウンスは見ていないが、原稿を公開して、「ほら原稿は不敬なことはなく、読んだ方が、とてつもなくバカでした」というか、じゃなけりゃ内閣総出で皇室に喧嘩売ったということになるよ。フォーマルにはそういうこと。


だから、前者の処置しかないんだけど、なんのアナウンスもないよね。


もっとブレイクダウンするなら、漢字を「知らなかった」のか、「意図的」に間違えたのか、ということになるが、これもまた、前者と言う以外にないよね。


つまり、「アホ」だったのか「不敬」なのかという二択しかない。


早く「告白」してしまいなさい。


「生まれてずっとアホでした」と。

posted by 浪速のCAETANO at 07:11| 大阪 | Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。