2019年05月06日

透明人間

【透明人間】

なんておかしいの

そんなところで

深刻な顔が かえって逆効果

なんて悲しいの

あたしがこうして

そばに居るのに

気づかないなんて


どうしてかしら

空気みたいに



なんて楽しいの

夢の中では

あなたと向き合って

舌を絡め合ってる

その髪も唇も

あたしのものなの

夜明けが来るのが

なんだか怖い


どうしてかしら

空気みたいに

気にしないでね

なんでもないわ


あたしは透明人間

あなたをよく知ってるの


なんて切ないの

あたしの体が

朝になったら

すっかり消えていくわ

でもいいのこの際

あなたと一緒に

お風呂に入って

洗ってあげるわ


どうしてかしら

空気みたいに

気にしないでね

なんでもないわ


あたしは透明人間

あなたを良く知ってるの
posted by 浪速のCAETANO at 19:27| 大阪 ☁| Comment(0) | 歌詞 for Girls | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。