2019年05月09日

最低限、それは守らなきゃ

対向車と交差点で向かい合っていて向こうは直進、こちらは右折したい時には、こちらは待つ。直進優先だからだ。
大津の事故は、右折のおばはんが、直進するクルマに右フロントを当てている。その、最も分かりやすいルールを守ってないことが原因であることは明らか。

右折のおばはんが悪い。

ガードレールは行政の問題。

園児を引率していた保育士に落ち度はないよ。

バカ記者が園長を泣かしとったみたいだが、みんなさ、望月ちゃんを見習えよ。キミらは「抵抗できないウンコ」に集るハエなんだよ。自覚した方がいい。そうおれはおもう。こんなところにも橋下が突出する素地があるよね。

なんかドライヴァーのマナーというかがもうむちゃくちゃになってる気がする。マナーとは言うがそのマナーは「スープを音立てて飲むのはいささか、、、、、」というマナーとは次元が違う。そんなんで人は死なない。それは一種のスノッブ。そんなんとは異なり、凶器に乗ってる人間が「従うべき規則」である。

おれがクルマ乗らなくなって以来、最後のランチア手放して何年なるかなあ3年?、ドライヴァーのマナーは悪化した印象があるけどね。ばかドライヴァーのばか事故の報道に先入観、かもしらんが。

おれもまた環境が変われば、もう一台二台乗ろうかなとは思ってる。ヒマな時の機動性がやっぱり高まる。ヒマな時限定だけど。まあ、乗りたいクルマはそう多くはないというかほとんどないんだけどね。

クルマとネコを「辞めて」おれの生活から「アソビ」はかなり減ったが、以前は言わば「遊んでばっかり」だったわけで、それも遊びっぱなしの30年のツケを今「price to pay」そんな感じ。それももう受け入れてはいる。

クソ中津はクソ中津の分際で駐車場高い。3万てなあ。まあ一時は5台持ってたヤツが言うことではないが。

クソど田舎ならクルマは必需品だが田舎道をアルファで走ってもなあ、いや、「ハレ」時にはそれもよかろうが。それは大好きだけど。

まあ、以前のように熊野に行くのであるならね。待ってろよ、後鳥羽上皇。確かにR168もう一度カッ飛ばしてはみたい。高野龍神スカイラインas well。まあ、その高揚感は、音楽的でもある。プラトーが延々続くってのは往年の自分の曲みたいなとこ確かにある、あった。「プラトーのエクスタシー」。

だいぶ遠くまで飛んだが、戻るが、印象としてはクルマをナメたらあかんのね。年齢とかではなく、能力でなんらかのグレードにクラシファイすべきだと思う。要は「ヘタ」は運転すんな、という一見暴論に聞こえるが、実はそれがすべてなのではないかな。だって「凶器」を動かすわけだから。

直進車が対向車線にいるのに右折するようなバカは、そして対向車との呼吸に反応できんのはもう運転しちゃダメ。I suppose.
posted by 浪速のCAETANO at 09:09| 大阪 | Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。