2019年05月14日

不思議だらけ

不思議。
ウンコ漏らすpmという設定にブーイング。

あのさpmというのは職種であって「固有名詞」ではないだろ?

歴代pmというのがいるわけで。これまでは「代わって」きたわけでね。pmの設定は「現pm」に違いない、というのはアンタ方の「設定」に何か不調がないのかな?なんか夢と現実がかなり混同する、混乱脳の持ち主が30000000人ほどいらっしゃるみたいである。病院行ったほうがいいよ。

そこでは、永遠固定的職種みたいな設定になってるみたいですね。そっちの人々の脳内では。そういうのdictetorっていうんじゃなかったっけ?4選どころか改憲→非常事態宣言がデフォルトってことね。

もうなんて気持ち悪い国になってしまってるんだろう。クソガキが「戦争して」なんちってたり。Putinが聴いてるとこで言ってみろよ。でもその「原因」がpmの「失政」は明らかなのにね。

まあ、誰しもウンコ漏らすことはあるよ。


もう、あ〜あ、なことばかり。栃ノ心が今場所強いぐらいしか救いがない。

不思議。

大仙古墳をはじめとする古墳群がユネスコの、、というはなしになっちゃってるが、locoの人たち喜んでるが、じゃああれは「一体なんなんでしょう?」あのモノ自体は一体何なの?

「天皇」陵?

ふーん、あの時代に近畿地方に天皇っていませんが。いるも何も「天皇」と言う言葉すらありませんが。

大王(オオキミ・豪族の長だけど)はいたよ。その墓「かもしれない」そんな可能性はある。その巨大さがユネスコの何ちゃらの根拠とすると、岡山の「造山古墳」「作山古墳」という規模では匹敵する300m級の古墳もありますが。大きさが何かを「表象」するなら岡山(吉備)にも近畿に匹敵する大王がいたことを意味するし、それらを俯瞰するなら当時「イナカモン」の間では「とにかくでっかい墓を作るのが流行ってた」と言うだけのことではないのか。大小などというシンプルな二元論でものを作りたがるってのはその頭の中も相当「シンプル」だったんだね。イナカモンらしくって納得。

国の名、さえないような(日本紀には現れない)豪族集団の誰のものかのわからない(宮内庁は本格的発掘を許していない)ただ馬鹿でかい墓を、「遺産」として認める。全然その客観的値打ちも意図もおれはわからない。誰か説明して欲しい。おれの質問に答えながらね。ワリとキツいよ。

結局、誰も説明できんのではないか。思い込みの世界。イデオロギーといってもいいか、と。だけど、真実とは程遠い。

当時、倭国は好太王との半島での死闘。歴代中国の倭人伝、半島の史書にはその様子と背景が記載されている。倭王武(雄略天皇では『全く』ない、全くの別人)の宗・順帝への上表文にも明らかである。この中で武は朝貢に行く道を高句麗が邪魔すると言っている。

当時、半島南部、今の釜山と金海は加羅(伽耶)、倭人伝に見える狗邪韓国ですね。任那と言ってもいい。ただし任那「日本府」というのはイデオロギー入ってる。だからもう何度も言うてるが日本という国名が「存在しない」わけだから。日本は「日の本」ある地点から東を望むとその発想の根拠がわかるでしょう。

白村江後、近畿豪族による国家の簒奪という転換点に近畿側がその命名を決めた(670年@三国史記)。この661〜701(720)まではさまざまなことが起こり、そしてそれはほとんど記録されていない。記録がないということはこんなひどい話になるのだ。今のLDP政権の将来に対する責任の放棄と相似。

まあ近畿王家にとってはその正統性に致命的な傷をもたらすのでね。かれらも必死よね。その割には矛盾ドバー、だが。

あのさ、おれたちとおれたちの親、祖父母世代、曾祖父母世代を血迷わせ、過ちを犯させたのは間違いなく国家神道、その国家神道の根拠とは日本紀。そしてそれをauthorizeするバカ御用学者の責任は現在進行形で重たい。

戻るが、だから大仙古墳は一体どういう根拠で(ってことは確かな証拠付きだよ)申請をして承認されようとしてるのかがいろんな批判に耐えれるようでないと、意味がなく、危険じゃないの、ということを申し上げているのだけど。
posted by 浪速のCAETANO at 09:49| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。