2019年05月24日

見もの・

dtがpm夫妻を引き連れて大相撲観戦する際に、他の観客がどういう反応をするか。見ものだ。注目してる。ぜひ、番狂せがあって座布団投げが起こり、japannese audienceのwildを米大統領に思い知らせていただきたい。『japは怖いぜ。対戦時とメンタル変わってない。いざとなったら座布団一斉攻撃、あるぜ』か、なんか。

おそらく『おとなしい』と思う。大相撲の現場にいる人々のmind、まあ想像に難くない。

しかし、何をはしゃいでいるのだろう。

おれは首脳がはしゃごうが、カネを湯水のように使おうが別にいいと思う。そこ、コスト掛かるのもわかるし、掛けようと意図を持ってもいい。だが、人々の生活が成り立っている、という前提さえあれば、という留保付き。

今はその非対称性に『中指立てる』方、多いのでは、と思ってる。面と向かってはよう言わん、としてもだ。

なんか、金融庁が「もう年金、無理」と言い出した。80歳からにしようかな、給付を、とも言い出した。今、戦後、最も「カネも希望」もない時間帯だ。昭和の中期は、金はないが希望はあったし、人々は今みたいに疲弊してなかった。元気はあった。英米からの「すごい音楽」にも希望と勇気をもらった。

うちのturn tableが死亡して以来、もう長く、ものすごく「GRASS ROOTS」が聴きたくなり、まあyoutubeで聴けばいいんだが、やっぱおれたちの世代ってfetishというかモノにこだわりがあるのね、数日前にアマゾンの人だった。

久しぶりに聴くと、なんかものすごい「人海戦術」の音楽。いまの観点からいうなら『贅沢・gorgeous』となる。Wrecking Crewの演奏、曲と詞はsteve baliやp.f.sloan。arrangeも。今は人が「高い」。昔もそう安くはなかったはずだけどね。制作費がたっぷりとあったんだねえ。

おれは、その時代にやっぱり憧れがあるね。物心ついたのがその後というか、自分が音楽やり始めた頃にはそういう状況ではなくなってたから。その辺り「回復」したいってのがあるのだろうと自分では思ってる。


この20年間でお金が(貯金がでもいいが)増えた人と減った人、2:8とか1:9とかじゃない?みんな、おのれを責めたりしてると思うが、それ違うからね。「全ては」政治の不作為。その証拠に各国のGDPは倍増してるからね。給料もしかり。足踏みor微減ってのはこちらの国「だけ」よ。koreaにもう5年で抜かれます。街の活気が違うもん。小泉・竹中という第二のA級戦犯が「売り始め」今「売りがデフォルト」となってる状況。


冷静に考えて、今日より昨日が良かったし、明日は今日より悪くなる。だから今が「消極的bestな時」ここ、異存ないでしょう。明言しないけどみなさん、み無意識ではそう感じてるわけで。みんなの、だから、給料を上げること「だけ」で世の中は回復するのにね。貧乏人はお金使いたいんだよ。そこが経済を回す唯一かつall mightyな方法なのね。内部留保とかを吐き出させること、ここを言ってくれる政党があればいいね。太郎ちゃんぐらいしかないだろうね。

m&aが怖いのはわかるが、じゃあ、だったら国の方針に文句言わな。大企業の社長たち。キミらも所詮、雇われ社長、サラリーマン。哀しいことよ。

でも、おのれらだけ生き延びても「楽しくないよ」。遊ぶやついないんだぜ。


もう逃げるだけ。まあ、逃げる・は人類、ではあるんだけど。同類を置いては逃げなかっただろうと思うよ、過去の人類は。そうでもないかな?
posted by 浪速のCAETANO at 12:58| 大阪 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。