2019年06月12日

ほかよりよさそう?

官僚が、珍しくいい仕事をしたが、それが気に入らんかったみたいである。一味だが。20000000万円のこと、だけど。
ちーとは覚醒しないとあかんのではないか、こちらの国の人々。

「ほかにいいひといないから」あるいは「ほかよりよさそう」という選択肢、いつ出現したのだろう?

不思議な一文だと思う。面妖。

おそらく、the 2nd pmからだと思うのだが、なんと「後ろ向き」な、選択肢なのだろう。

それ、「その他」と同類ちゃうかね?

othersね。

地方紙の10%台、オネストな支持率に対して、なんとかカッコつけないとゴチしていただいてるのに申し訳ございません、の苦し紛れに編み出した変則選択肢じゃないのか?


その「消極的非不支持」というべき態度からの脱皮だけで社会は大きく変わるのにな。

もうワカモノはアホすぎて相手すんのはいや。キミらなど、アホに騙されて一兵卒としてエラい目に遭いなさい。その恐怖の中でやっと「覚醒」しても遅いんだけどさ。

残念な感じ。


香港、注目、応援してる。実力行使がいいね。ここでも分かるように、軍、警察は対人民のためのものである、がデフォルトなんだよ。辺野古が普通。辺野古で普通。

勘違いせんようにね。まあautocracyに名実ともに成り果てたらもうそこ「命がけ」。


さて、軽蔑されている人間が海外に出向いてなんか役に立つかね?宗教指導者と会見なんて、話す言葉を持ってるんかい、Japaneseでも意味不明なのに、それをイラン語に直して、なんて、何かが通じるとはとても思えないんだけど。単なるメッセンジャー以上のものではないんだろう。






posted by 浪速のCAETANO at 19:14| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。