2019年06月28日

ドサクサ紛れにウソをいう

バカが聞き捨てならぬことを言ってた。

「大阪は4世紀に仁徳天皇によって都に制定された」

バカだから不勉強なのは、しゃーないな。だが、世界に向けてウソ言うたらあかんですよ。

「へ〜そうなんだ〜」とか思ったひと!それは真っ赤な 「うっそ」よん。

古墳が世界遺産になったけど、ふーん、だったなあ、おれは。

デカけりゃエラいのか?

確かにデカいですね。伊丹空港に帰ってくるとき、おれもした見るのは楽しみ。造形も美しいと思うよ。前方後円墳ね。あちこちに点在する古墳の(あれが墓とするなら)権力者のものであることは間違いない。それも近畿の(河内の)権力者であることは間違いない。だが、、それが「列島の最高権力者」であったかと言うなら「non」である。

だが、被埋葬者と埋葬者たちはその「信仰」を「真の権力者」と同じくしていた。そして、そのことは彼らの「誇り」であった。

あの前方後円墳の方墳部分、そこでは「鏡のマジック」が行われていた。それはこのようなもの:

1C3E7964-8A32-49F7-B7E7-75023310AE18.jpg


これは卑弥呼(ヒミカです)の得意とするところ。

上のphotoはかつての倭国の一部・狗邪韓国(金冠伽耶=現在の金海市)の歴史博物館にあるもの。この鏡の儀式こそが、近畿の権力者たちが、饒速日(ニギハヤヒ)の国の被征服民に対して進行の強要のために行ったものである。

その建造に当たることを強要されたのも被征服民たちなのね。身に染みてわからんかい、ということね。

じゃあ、なんでそんな巨大な古墳が作れたのか?

ハイ、答言うよ〜。

「ヒマだったから」です。

だはは。だけど、これ真面目な話なんですけどね。

列島の真の王者は「倭国」「倭奴国」と言われた時期もある。サルのおっさんが「倭の奴の、、、、」なんて寝言を言うとったし、それがもはや「通説化」してるけどね。非常にレヴェルの低い通説です。金印の意味もな〜んもわかっとらん。金印などという100年に一度もないようなまさにゴールデンな出来事。それは与える側と授かる側は1 : 1。なんでまた漢のような大国が、例えば「大阪の中津のキミに」なんて書くかよ。国ひとつから国ひとつに与えられるものなのね。

倭奴、とは「ワンワード」ですのでそこんとこ、よろしく。匈奴に対する概念。「いい子ちゃんの奴」ね。匈奴は三原じゅんこ、ね。


宮内庁のホンネを言ったげようか。「発掘されたら仁徳陵で『ない』ことがバレる」ていうか「そもそも天皇陵でないこともバレる」「その辺のおっさんの墓っちゅうのがバレる」です。

ヒマだったから。

列島の真の王者はものすごく忙しかったのね、当時。高句麗との「半島での」血みどろの闘いのね。

先ほどもちょっと触れたが、半島にも「倭」があったのだ。これ、現在のnationalismの風味づけ、いらんからね。近代とは次元の異なること。倭国の成り立ちにも関係がある。玄界灘周りの海洋国家。都は博多。「大阪」が都になったことは「一度」もありません。白村江後の非常に微妙な時期(7世紀後半〜末)に今のNHK大阪の難波宮は倭国(九州王朝)の副都になったことはある。これは大化の改新(これもウソで本当は中大兄と鎌足による蘇我氏へのテロ)後、孝徳が難波に遷都したと言われるサイトのことね。作り話も、もうちょっとウマく作らないとね。

近畿は米よく採れた。経済力は九州に匹敵していた。ただし、磐井の反乱と通説では言われている、実は継体の反乱後、九州王朝からキツーいお灸を据えられ、超優秀な百済出身の財務官僚・蘇我氏をお目付役に派遣されていた。九州には「律令」がすでに5世紀にはあった。すごい先進性である。もちろん仏教も。近畿なんて701年(大宝律令)である。2〜300年遅れてる。

中国の史書には、「旧唐書」以前は「倭国のみ」、「旧唐書」には「倭国」「日本(ヒノモト)」の併記、そして「新唐書」には「日本のみ」。入れ替わったことがお分かりになるだろうか。「併呑」だけどね。

「白村江」がターニングポイントなのね。

白村江の相手は唐・新羅連合軍だったね。

本日は以上。

posted by 浪速のCAETANO at 22:13| 大阪 ☁| Comment(0) | 古代史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。