2019年07月16日

Rec. done

さあ、今日からmix down。

モルモッツだが、前半は「ザ モルモッツ」だが、後半は高瀬へのエレジー、そんな構成になっている。

後半はだから、高瀬ゆかりの2名に参加してもらった。

北村くんと藤井拓。どちらもすごいギタリスト。ギタリスト好きのおれの「おめがね」に叶うに十分の2人だが、それぞれ、おそらく高瀬への思いのこもったプレイをしてくれたと思う。

しかし、北村くんのギターと拓のギター、ギターという括りでは同じだとしても、全く別の楽器でしょう、と子どもなどは思うかもしれない。というほど、表現形態が異なる。北村くんも拓もすごくそれぞれのテクニックはあるが、その系統分離した挙句、全く別のものになってしまっている。おれは年代的にはその分離の瞬間も知ってるし、それぞれの進化を横目でチラ見しつつ、下手なギターを延々弾き続けてきたが、その進化後の結果を連続で見ると(聴くと)隔世の感がある。

まあ彼らからしたらおれの方が珍しい、という意見もたまに聞くが。

どっちにしてもギタリストにしかわからない、それもかなり上手くなって初めて共有しうる感覚・というのはある。だから納得済みのリスペクトが出来る。その共有できる感覚というのは、ギターがおのれの肉体と精神の一部になっている、「手に口に」なっている、そんな感覚。ツールとかのレヴェルではではなくね。だから饒舌だしね。

おれは「ギター会話」というのを考えてて、ギターの音色、という「言語」による会話なのだが、面白そうでしょ。

例えて言うなら、おれのギターが古ラテン語で、北村ギターがイタリア語、拓ギターがポルトガル語ほどの(離れてはいるものの)距離感ではないかと思う。もっと離れてるかな?いや本質的には同じだからそれでいいと思う。

おれもさまざまなことが実際でき、バックはほとんど一人で作ったが、その挙句に、更なる必要性が生じる。それが北村くんと拓だった。

いいコラボ、と言うのではないだろうか。

よう知らん人とのライヴもやろうと思った。そういうとき、元気な証拠。クソみたいな国での元気ってどうなんやろうとか思いながら。
posted by 浪速のCAETANO at 06:05| 大阪 ☁| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。