2019年07月19日

やっぱり心配する

「mix」中なのにやはり気になる。

日曜のことね。

pmが2020に憲法改正したいと言ったの覚えてる?

ホントに「緊急事態条項」を心配してる。

何となくこれまでの国がこれからも続いて行くと思ってる人多いと思う。だが元号が代わって空気が変わってきたね。pmの演説で否定的な発言・行為の聴衆が「排除」され始めた。公安だと思う。今・「いつ」なの?

「辞めろ」だけではない。「・・・・・に賛成?反対?」のプラカードや「増税反対」を」言っただけで排除されたからね。太郎ちゃんたちはメディアではまだ大方無視である。TVしか見てない方々には「存在しない」と同義。

何かを怖がってる証拠なのだが、それは奴らにも性急な行動を取らせることになる。だから心配している。

合法的独裁、への懸念に対してみんな「ユル」過ぎない?

本人アホだからと言ってあんまりpm一味を甘く見ないほうがいい。日本会議に統一教会だからねバックが。本人は確かに文盲でアホだが、そのアホが「担ぎやすい」という意味では「適役」。だから彼が「居続ける」ことは必須なんだね。入れ替わったらもうちょっと「論理的」になるからね。そして人からの評判も気にする。あのバカはそういう何というか「大人のプライド」がないからさ。ちょっと特殊というか、中坊並みというか、一種のサイコパスなのだと思う。おれたちの不幸はそういうとこにある。

今危機感を持ってる人の割合というか数でこの国の未来が決まります。今・わかりやすく『劣勢』。

そういう人は確実に増えているはずなのに。4800万の正規社員が居て、そのうち大企業に勤務する人は30%。1500万人。それが全員LDPを支持すんのかなあ、その家族も込みで?

やはり「ムサシ」なのではないのか?疑惑がある。

何をやっても無駄なのかな?という気もする。その一方で、太郎ちゃんたちをきっかけとして何かが起こる予感も感じている人たちも増えているとも思う。

f(x)は最低だがf’(x)は(+)で、f’’(x)も(+)。その結果は今回には「間に合わない」のだが、その後があれば、と切に思う。結果はf(x)。


Bob Dylanの『JOKER MAN』にこんな一説がある。


そして、ライフルを持った男が、病人たちとちびっ子たちの後を尾けている。

神父もまた同じ者たちを追っている。どちらが先に到着するかはわからない』



今・「そこ」だね。


国内の情報弱者は騙せても、海外の人間はそうはいかない。Leuterが「障害のある政治家を国会に送り込むことが障害に関する政策を進める効果的な一歩となる」と報じた。賢い海外の人間からは今ものすごく「軽蔑」されているだろうことは想像に難くない。恥ずかしい。その恥ずかしいという感覚があのバカにはないのね。


その後、ディランはこう続ける・

警棒・放水銃・催涙ガス・南京錠・火炎瓶・岩が仕切りの裏に隠されている。邪な心を持った陪審員達は自らが紡いだ蜘蛛の糸に絡みながら死んでいく』





posted by 浪速のCAETANO at 03:44| 大阪 ☔| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。