2019年07月26日

Legendary live

いろんなアーティストに「伝説のライヴ」ってのがある。
独りよがりにならず、空回りもせず、エネルギーが全て無駄なく使われ、スムーズに回転して、その回転の径が「自然に」拡大していき、そのトポスをオーディエンスの同意のもとで支配する。

これはまだ参院選の2ヶ月ほど前のこと。

九州にいがちな(そうでもないのかな?)、こんな年下の人間がいたら直ぐに「お前一人で何が出来る」との、体制の末端にいるくせに、その根拠ときたら「単に生意気」というだけで絡んでくる殺してしまいたくなるようなオヤジとオバハン相手に、その往年のアントニオ猪木の「風車の理論」を彷彿とさせる相手の初動力を数倍にバウンスさせてそこにいるオーディエンス全体を包括してしまう。そんな離れ業。

一番グッときた。

いろんなこと言われ出してきた。アンチも確実に増えてきた。本格的な妨害も始まっている。だが、まだ周知され切ったともいえない。

おれたちはwatchしていけばいい。あかん時は「こら・!」と言えばいい。


posted by 浪速のCAETANO at 11:17| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。