2019年07月31日

バカの群れ(だが何故かチカラ持ってる)

重度障碍のお二人への特例措置に沸いてる人たちがいて、そういうのの中に市長だったり、知事だったり、元市長だったり、がいて府民・市民としてとっても恥ずかしく思っている。
「税金を、税金が!」と騒いでいる。

参院の予算から出るみたいで、厚労省は逃げた、と。

で、いったいナンボかかるんですか?と思ってたら「70万円」と聞いてズルっときた。

額の大小ではない。うん、それがポリティカル・コレクトネス。だが、そんな時だけpcを持ち出すのもはずかしくはないのだろうか?ないの?


「安易に非難できそうなとこ」には非難する。お気楽でええなあ。


道義だとか理だとか誇りだとかがもう消えてしまっていて、おそらく狭義で言えば「脱・人間」みたいな生き物に成り果てているんじゃないか。動物への逆・進化でもないみたい。動物はもっと「倫理的」だ。合理的でもある。

大体、使い切れないような額の記載されたpassbookを見てニヤニヤしたりしないし。


「張本」、困ったものだけど、まだ存在するね、あの手のオヤジというかジジイ。でも張本もよく考えて欲しいけども、世代で、例えば、みなさんわかるかどうか「?」だけど、「稲尾和久」や「尾崎行雄」のことを考えてごらん、張本ちゃん。長持ちしたか?すごい印象を残しながら選手生命は短かった。

同様のオヤジに金田正一というもっと厄介なんがいるが、baseballも「進化」しているわけで、佐々木くんに同情的なコメントをしてた大谷くんでさえトミージョン手術なわけだから「根拠のないガッツ」だけでなんともなる時代ではないのね。早く気づけよ。

This is パワハラ。こないだは谷口ちゃんに、暗にデブ、言うとったが。

もうあまりに世の中「ぶっちゃけ過ぎて」いて、「含むところ」がどんどん侵食されて、深みのある人間の数が「極小」である。

表面しかないような人間だらけである。選挙ポスターに出身中高と東大卒しか書いてないような石崎のような人間。今、誰がそういうことに騙されるのか?よっぽどのバカしかいないような気がするが。どーなの?


昨日、釜山でお世話になったミンさんが来日。こんな状態だから、飛行機はスカスカかもと思ってたみたいだが、満員だったと言っていた。デモのハングルには「pm死ね(japan死ね・ではなく)」の記載。

ほんまにさ、かつてchina fu●k言うてたやつ、どーしたの?どこ行ったの?沖縄取られる、とか言い続けてよ。実際にこちらの国のいろんな資源は買われ続けてる。買いやすいように設定してる売国産業に勤しむ人々がいるからなのだけどね。

pmが居続ける限りにおいて、あと5年したらKoreaに追いつかれるよ。これからもっと汚い言葉になることが容易に想像できる。悲壮感と比例するものだから。

pmのジタバタはさらに日韓関係を悪化させる。最早、外の敵(でかないそうな)はKoreaしかないからだ。おれはもう個人的にfriendship を熟成するけど。


さて、本日は録音最終作業・masteringである。川西の山奥までvamos。


posted by 浪速のCAETANO at 10:33| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。