2019年10月13日

悲惨は放置される

ダムから「放水せざるを得ない」とは切ないな。

決壊したらそれはもうどエラい事になる。だからno choice。だが「下」の人々にとっては絶望的響きがあるなあ。

こんだけの雨が降れば、川は氾濫するのだ。量的な・シンプルな事。

しかし、この段階でも965hPaとか尋常ではないね。

これは予測されていた事だけど。「自然現象の巨大化」だけどね。

これから毎年・こんな事である。寿命を全うするなどもはや「超ラッキー」という事になる。

しかし、ダム・緊急放水は切ない。


明日になって被害が明らかになってくるのが怖い。

降った雨は海へ戻ろうとする。小さい川から大きい川を経て。ホント「行って来い」なのだが。

今回。川の氾濫ばかり報道されているが、風の被害は明日明るくなってから判明してくる事だろう。

しかしラグビーw杯に来た外国人のみなさま、こちらの国のアホを帰国後証言してほしい。特に、台東区がこんなときにホームレスの避難所受け入れを拒否したことを大声で拡散していただきたい。そしてolympiadボイコットしていただきたい。

しかし、此の期に及んで「対策本部」を立ち上げない政府とは、やはり大災害を「緊急事態条項」への布石と捉えてる、としか思えないのだけどね。「いのちの危険が、、、」と言ったNHKの突然頻発termも裏で繋がってるよ。

今回も「未必の故意」ということかね?「公助なんてあるわけないんだよ・もはや」そんな人でなしのつぶやきが聞こえてくるかのような悲惨の放置だね。
posted by 浪速のCAETANO at 00:03| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。