2019年10月25日

そんなイナカモンみたいじゃなくてさ

JR西日本が終電を前倒しにするんだって。

「なんで〜?」と思ってたら(おれは反対)、「歓迎」の声多くって「?」である。

・クソ残業ができなくなる。
・省エネだからナイス。
・駅員さんも休んでね。
・長すぎる飲み会なんていらない。
・お家大好き。
・社畜は死ね。
・タクシー使えばいいじゃん・
・ネカフェだってあるぜ。
・地球温暖化対策。
・会社に「住む」も〜ん。

賛成の人そんなこと言ってる。

なんかそのぅ、「イナカ」っぽくて嫌だな。活気もさらになくなる。交通インフラの充実が都市の条件だと思うんだけどね。大きな田舎にしてどーするんだろう?

本物のイナカに移住すればいいのに、そんな人々。

関西は、広大な土地というわけではないから、そして首都圏のように通勤時間1:30が普通とかじゃないところがいいとこなのに。これ東京からの転勤族の嬉しい発見なのね。それを担保するのがJRと私鉄の近郊の鉄道網なわけで。消費税上がって、さらに終電早まる。なんか、活動しなさんな、そんなメッセージが聞こえる。

逆行してないかな?


働き方改革とかの悪影響もあるんだろう。建前・お好きですね。鉄道会社・ちゃんとpayすればいいだけの話。payせずに働かそうっちゅうのが「黒」なのよ。


一般の黒企業の狂った働き方と終電前倒しの不都合は「別の話」ね。

7/11が7to11にするなんてのは「いいこと」だと思う。そことも別次元の話。


前々から言ってるが、24hで電車は走っていただきたい。それが「都市」の条件。1am〜5amまでは1運行/hでいい。『運賃5割増し』でもいいのでは?「普通の」リーマンだけではないのだ。仕事によってはシフト制の遅出、とかもあるよ。

なんだか、ローンは残ってるがおこずかいがない、そんな人には「それでいいよ」だろうけどさ。

どんどん人が「小さく」なっていくことに貢献しないかな?


ちょっと飛ぶが、そうでもないのかな、電車の運転手はヒーローだと思うね。おれがよく乗るのは阪急・京阪の特急だが、それも感動するのは夜の特急の運転手のみなさまだ。重大な責任感を伴いながら仕事されてると思う。神経も相当すり減るはずである。

それに、よくよく考えると、地下鉄も、おれたちは地下に降りて、ハコに乗って、しばらくして、降りて地上に上れば「別の場所」に出る・と、ここ・かなり『SF』なんじゃない?なんて思うのだけどね。よくよく考えると・だよ。古代人の目から見たりしたら・例えば、ね。

私鉄やJRだと地上を走るからその移動はリアルだけど、メトロはさ。みなさん、そんなこと考えるほど、ヒマではないって?あっそう。


戻るが、おれは延々、クルマのオトコだったので、今その電車の実感が「クル」のね、知恵遅れ的にクル。

すんごい仕事だと思うし、社会を支えてるとも思うし、であるなら、鉄道会社のなんちゃらホールディングのエラい人・ちゃんといっぱいpayしてあげてくれて、人員も豊富な状態で、深夜にも一時間一本でいいので、NYC仕様にしてちょうだいよ。

お願いします。
posted by 浪速のCAETANO at 11:21| 大阪 ☔| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。