2019年10月30日

みんな逃げろ!!

長年、入試でメシを食ってきた人間として、萩生田と官邸の思惑はちょっと許せないな。とおれが言ったところで、なんともならんけれど。

受験生が特に困惑してるのが「英語」。

benesseも福武書店時代とは別人化して、あっち側ね・完全に。

speaking/listeningの授業(おれは金蘭千里と大阪桐蔭の学生に確認したけど)かなり『貧弱』と言わざるを得ない。その分・英検受けてskill上げてね・なのだが、あのね、普段必要のない英語を聞いたり話したりってさ、やっぱりそこは「英会話教室」が一番効果的。ほらね、やっぱり「身の丈」ではどんどんunfairになって行くのよ。分かって言ってる。カス・である。学歴はカネで買えるんだよ。テスト代も「高すぎる」。ビンボー人は「低学歴」でどーぞ・ということよね。

「油断してる時に出る発言」を本音というのね。

お金持ちの子弟じゃないといい大学行けない。そこ・見過ごしてどーすんねん。しかも、試験を受けるまでの不公平は置き去りである。なんなんだろう、この国。
キミはうちの弟世代の明治か?まだアホの時代だね。ふ〜ん。キミの「身の丈」は何センチ?キミごときがdeserve minister?


教育の平等、少なくともそこを否定したら、というか「見過ごしたら」あかんでしょ。本音が漏れたし、ネオリベマインドが、また顕在化したね。お前らって「単なるラッキー」に過ぎないんだけどね。お金儲けも「うまいことやる」も人の実力とは関係ないし、ネオリベworldでは人間カスの方が小銭にありつける・という「あ〜あ」なとこ、確かにある。

教育も医療もな〜んでも「商品化」。classは固定。こんな残念な国は、ない。pm一味によって、完全に壊された。

もう、世の中、ムチャクチャであるし、こちらの国の人々、「狂ってる」人3割・「メンタル植物人間」5割・まともが2割、そんな構成が浮かんだが、もうだけど、おれは半分諦めてるんだが、それは状況が「下げ止まって」また復活する・とした時のlead timeを思えば、なのだけど。学生たちと関わっている以上、彼らが「少しでもいい状況(ここにはいろんな側面がある・多角的)」になるように神経研ぎ澄ませて仕事してる。

そういう「小さな努力」はバカの本音で、一瞬で「踏み潰される」。

なかなか、辛いものがある。今すぐ辞めて欲しいが、そこ誰がやってもさほど変わらん気もする。

英語をやることから導き出せる結論とは、それを使って海外へ逃げろ。できるだけ早く・ってことだね。


posted by 浪速のCAETANO at 12:22| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。