2019年11月11日

どうだろう?


これ、「反射」だと思うね。


今年の「桜を見る会」であいさつする安倍晋三首相(中央)=東京都新宿区の新宿御苑で2019年4月13日、代表撮影
tyrancyが完成されると、その空気を「感覚器」が感じ、「感覚神経」へ伝え、脊椎から「大脳」スルーして運動神経へと伝わり、筋肉が勝手に動く。

要は大脳通ってないってこと。

だから古今東西のtyrantの所作は類型的になる。という「仮説」。

どうだろう?
posted by 浪速のCAETANO at 12:59| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。