2020年05月18日

さて、どっち?(おれはネガティヴ)

検察庁法採決見送り@読売。
採決見通し@NHK。

さあどっち?

NHKには岩田明子がいるけどね。

おれは読売を「観測気球」で上げて&油断させといてNHKだと思います。

今週は辞めといて、再来週ぐらいに、という手もある。今回の「大物芸能人」誰なんだろね?検察庁法はpmにとってのみ「要・急」なのだが、独裁の完成にはエッセンシャル。

その際には維新も野党なんだけど賛成することから「強行採決じゃねーよ」という大義名分も成り立つわけで。

クソ維新。

pmの政権は金持ち(大バエからコバエまで)とバカウヨに支えられてるからさ、そして彼らは立憲や共産や太郎ちゃん、それは多数の民意と今回はカブるのだが、そんなものを「モノともせず」大日本帝国へと向かって対中戦争を勃発させ勝利する(狂気的アタマの湧き様であるが)ことが今週の目標、なわけで。

要はmadnessに支えられたmad政権なんだから。

Japaneseにしようか。

キチガイ集団に支えられたキチガイ政権、だね。直訳しちゃった。だはは。

そこ、例えば国会答弁とか、見たり聞いたりして「別におかしくないですけど」とキミが言うなら.キミもまた「mad」ってことね。もうかなり進行してるから、治療は不能かもしれません。

知らんけど。

さっきの構図は大阪においてはldpを維新に入れ替えたらまったくの相似。

在京のメディアの情報収集能力には限界がある、ということ。地方へは、東京経由で情報が行くから、「うっすーい」もの、キャッチコピーほどのものか繰り返されるだけである。

「コロナ病院」に打診もなく松井から指名された「十三市民病院」の混乱など、関西のTVでも報道されていないと思う。だが、「大石あきこ@れいわ」氏のツイートによってその混乱と理不尽は伝わる。

ヨシムラをちょっとええように言うなら「クオモNY governor」と共通項があるかな。情報公開と言う意味で。雨がっぱ一郎はアホすぎるからね。

「吉村寝ろ」のヨシムラもTV出るのが、仕事で、さほど仕事してない。知事動静をチェックしたらいいと思う。雨がっぱはさらに、してない。

ヨシムラ大絶賛の大阪。キモい。今は非常時であるから「党派性は極小化」されるのよ。ひょっとしたら「よくやってる」のかもしれない。だが、平時に戻った際に大阪人が幻想を見続けたいと思えば思うほど、悲惨はまとわりつき続けるだろう。コロナ後、がもしあるとして、全国で最も復興が遅れるだろう。そのときにはおそらく「大阪市はなくなった後」なのだ。

言わば、マリアナ海溝ぐらいのマイナスからのリスタートとなるからさ。

そのときにわかる。大阪人には。が、そのときに他県の人々の目は「冷たい」だろう。所詮「他人事」だからね。

さ、鍋焼きうどんでも食おう。

posted by 浪速のCAETANO at 11:58| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。