2020年06月10日

緊急提言;山本太郎は都知事選に出馬すべきである。

ほんとは、宇都宮さんより前に宣言したほうが良かったのかな?それはそう思う。

だが、彼以外が「ゴミ」だらけな、帝都の選挙。出たらいいと思う。

おれたちは(というか・おれは、だけど)太郎ちゃんの人柄も政策もよく知っている。それは全国行脚を追いかけたからなのだけど。

一般の意見は、宇都宮さんと票が割れて、ユリコを利する、そんな意見。割れなくても、ユリコが勝つよ。大阪が「都構想」が実現するのと同じよ。一般人の「知的レヴェル」はtvのそれを決して超えないのよ。結果しか興味がない人はそれでいい。そこからの逆算だけでは「想像を超える」ことは出現しない。

彼はアイドルではない。アイドルならヨシムラがいいんちゃう。見事にアホなお母ちゃんたち「釣れてる」。そう振る舞ってる。

まあそんなことはどうでもいいのだ。大阪人は「大阪市」が無くなって、えっらい目に遭えばいいのよ。そこまで行かんことには「わかんない」んだから。

れいわはまだ「できたとこ」。太郎ちゃんのpmへの路は「遠回り」することこそがいいのだ。都知事選にも出て、衆院選にも出たらいいのだ。それが何が悪い?

太郎ちゃんは苦しんでいる人を救うためなら「時間帯も手段も」選ばない。コロナ禍の中で、彼は何をやっていたか?失業した人に寄り添ってたよ。pmが星野くんとコラボしてる間にね。行動すること・行動が彼の哲学なのよ。だからチャンスがあるとなれば「おのれの・というかれいわの」政策を説きに行くよ。でなけりゃ全国を回るなんてそんな「めんどくさい」ことを誰がするかよ。

都知事選は「都知事選だけ」ではないのだ。実際犬HKは「日曜討論」にれいわ新撰組代表を呼ばない。pmの命令だろう。一番厄介だからね。

もっと言うなら「都知事選に出ること」がpmへの路であるとおれは思う。ほんとは宇都宮さんより先に・の方が良かったけど。

実際、コロナ禍で状況は変わった。もともと犬HK始め、メディアは取り上げなくなった。やや、埋没・と言うか「一般の人々」への浸透が滞る事態となっていた。

非・緊縮の政策が「いかに合理的か」ということも選挙になればメディアも取り上げるし、立憲の中枢の「石頭」にも効果があるかもしれない。最近は小川淳也くんも「MMT」を学び出した。おれはもっと野党内が「かき混ぜられないことには」、そしてその中の精鋭が集まらないことには次の政権交代はあり得ないと思ってる。いらん野党の政治家を振り落とす意味でも「空気読まずに」暴れていただきたい。おれは太郎ちゃんには「小川淳也くん」と組んでいただきたい。彼は「無所属」である。小川くんも太郎ちゃんのことは気にしてる。東大と箕面自由中退、いいね。

メディアが「取り上げざるを得ない」ことは大切で、なんでかというと、みんな知らんのよ。れいわ・を。

衆院選への戦略的にも元の選挙区である東京で暴れて再度モメンタムを取り戻す。Bernie Sandersの選挙戦を東京でやったらいいの。

なんか、セクトととイデオロギーっちゅうのは厄介なんだけど、太郎ちゃんはセクトを超えて、唯一国民に届く言葉を持つ、そして「右から左まで」ウイングを広げられる「稀有な」存在であるが、「場」がないことには、特にいまのコロナ状態では、特にヨシムラなどに騙されてる愚かな人々の多い時期には埋没する。

国民民主が応援に入れば面白いね。左の思想でガチガチになるより、現場で人に寄り添うことで「身体的思想」とでもいうべきものは身につくし、太郎ちゃんは十分「思いやり」はある。頭でっかちによる「悲惨」は十分おれたち経験したんじゃなかったのかな?

あんさ、ldpが右みたいになってるけど、あれネトウヨよ。維新も。播磨屋さんは決して山本太郎を非難しないと思うよ。


もちろん、投票する人は「彼・彼女」がgovernorになることを望んで投票をするわけだけど、そこをおろそかに、というわけではないが、しかし時間が経たないとはっきりしないことはある。おれはまた例によって勘で書いてるが、全国行脚の最終章に位置付けられる・と思う。ユリコの票を食ったら面白いぜ。その可能性もあるんだからね。


右・左ではなく上・下。下にも色々あるで。そんなこともまた明らかにしてくれる。そんな山本太郎の都知事選出馬・本当なら歓迎したい。やれやれ!

消費税ゼロや反緊縮が「おばあちゃんたち銀座」の中で「トンデモ説」→「常識」へと変容していくなんてso exciting!

それを唱えてるひとたち増えてきたけど、「熱を持って」伝えられるのは山本太郎だけ。
posted by 浪速のCAETANO at 23:52| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。