2020年06月26日

山本屋〜

太郎watcherとしては、昨日は太郎ちゃん疲れてたが。今日はやや回復している。一回目で須藤元気くんのサポートがあってちょっと休めたね。もう毎日来なさいよ。離党して党の仕事なくなったんやろ。

くそアンチもいっぱい湧いてるが、自分を恥じた方がいいと思うね。まあぢごくへおちてちょーだい。

ビンボーにんの底上げをしよう・の何が気に入らんのかな?新自由主義はもう限界なのにね。何度もいうが、まだ落ちてない人々もケツに火が付いてるんだけど。相対的「下」の人ほど、「餌食」になりますよ。だってそれが「新自由主義のテーゼ」ですので。もう止められない。限界がきてるが「慣性」ってあるやん・それそれ。

「組織」ってなんなんだろうね?この選挙戦で感じること。組織の「集票力はあるとしても、にしてもその息苦しさよのう」。リッケンバッカー界隈が、特に・ね。昨日は宇都宮さんの応援に「チャーシュー」が来てたという。逆効果でしょう。なんで枝野は呼ぶかな?所詮キミらは「乗り越えられるべき」存在なのだな。

にしても、維新に応援されてるあいつや宇都宮さんまで「都債」のことを言い出した。だが、緊縮が信仰の「石頭」というか硬直してる進化を自ら拒否した人々、キミらは結局「ネオリベの徒」なんだよね。ロクでもない。そんなんで大学で・経済学部で・教えてるなんてね。「リアル・ばか学者」多いけどね。法政の小黒とかね。MMTも理解できないようでは終わり・よ。御用学者やって小銭溜まったんならアカデミアから去ってくれ。

マクロ経済もわかってないどころか、バラマキも批判するなんてミクロ経済もわかってない。「内需」を喚起することがなぜアカン?そんなアホに教えられている学生・同情するわ。

国民には10万円(not yet completed)なのにldp一人一人にはすっと2000000円。ここはどーなん?フェアっていうわけ?

社会がイんでくると、弱者同士でマウントの取り合いが起こる。人々の心も病んでいる。少年からお年寄りまで病んでいる。誰の責任かというと「政治」の責任だよね・間違いなく。長期デフレの中で消費増税を強行するようなキ●ガイが政権を握ってる。これかなりヤバいことですよ。ばか学者でそれを否定しないクズもいるからね。



本日も太郎ちゃん・お疲れでした。また明日。『山本屋〜』ていうのが恒例になってきたな。












posted by 浪速のCAETANO at 21:58| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。