2020年07月10日

どこまでいつまで間違ったまま進むのかね?

「大量の検査をしないというのは世界に類を見ない暴挙です。感染症を専門としている人間にとって、この発想はあり得ない。感染症対策のイロハのイは、誰が感染しているかをきちんとつかむことです」


東大の児島教授
posted by 浪速のCAETANO at 06:50| 大阪 ☔| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。