2020年07月11日

暗澹たる気持ち

遠い目をして、思い起こしていただきたい。

第一弾は『春節・いらっしゃ〜い』だった。そして今・第二弾『旅行行こう〜』だと。


頭の中にウンコ詰まってんちゃうか?

兵庫県知事が「諸悪の根源」発言してたけど、思うことは「そんなもん」ですよね。東京都じゃなくて東京都知事って言い換えればよかったんちゃう?でね、その知事を支持して(あるいは消極的支持=棄権して)再選させたのだから、都民も共犯ということであるし、となると「東京=根源説」さほど・というか「とっても間違ってなく」ないですか?おれの意見です。


上記の第一弾そして今回の第二弾で、どうしたいのだろう?

『広めたい・コロナを・満遍なく』という結論にしかならないんだけど、これはおれの論理性に不調があるのか・ないのか・どっち?


『コロナ・オオアメ・アベ・コイケ』こんな風に語呂よくはまってしまうことがおれたちの「不幸」というものだ。


東京はもうすぐ、医療体制が「逼迫」する。ね、どこまで都民・国民を騙せるかな?ユリコに投票した人・責任とってよね。騙された・ではないのだ。喜んで・恣意的に・目の前の小銭に転んで・騙される方を選んだのであるから、「自分で自分のケツぐらい」お拭きになるのがいいのね。とっても「汚れてる」だろうね。それがキミなんだよ。


太郎ちゃんバッシング・熱を帯びてる。つねきくんの発言・おれは優生思想がベースとは思わないが太郎ちゃんの想いとかけ離れていることは「間違いない」。経済効率だね。お金の仕組みを熟知している大西くんが一足飛びにその話をし出したのはおれも不思議な気がしてた。しかしね、これは医療における「供給体制」の不備を若者(とは限らんが)の十分なペイを伴う労働で補うことは「一挙両得」ではなかったのかな?「選別」まで行かんでも「れいわ」の政策がメジャーになったあかつきには「解決」するじゃないの・と思うのだ。なんかそうならない「焦り」みたいなモノが感じられた。彼の発言にね。まあ党内での候補者になるならないなれるなれない・みたいなこともあったのかな・というこれは邪推だね・ごめん。


推移を見守ってる。辛いな。山本太郎。

ただ、「原理主義者」の志位くん・小池くん、ちょっと立憲側によりすぎではないかな?枝野に擦り寄って「政権交代」が本当にできると思ってるのだろうか?党勢拡大の方向ともまたちょっと違うよね。食い物にされてる・が現状ですが。

EU各国で「期限付き」とは言え、消費税減税の報が相次ぐ。此の期に及んで、1%も下げないとしてる枝野になど、未来ある?これは宇都宮さんにも言えることだったが、その経済政策が「up date」されてないってことは「致命的」だとおれは思う。国内の課題は「ほぼ」それで解決するのだ。そして「お金の奪い合い」ではない世の中は可能なのだ。10万円を「みんなに」24ヶ月「配り続けた」としてもインフレ率は2%いかないのだから。ビンボー人の消費は企業に回る。じゃあ、これこそみなさんハッピーじゃない?

国債を「借金」と言い換える欺瞞こそが「アタマ・up date」されてない証拠であるよ。あれは「通貨発行の記録」です。

こちらの国とphilippinesの災害の際の避難所、もう完全に「逆転」しているんだけどね。おれたち、生きてる「土左衛門」みたいだよ。このこと一つとってももうこちらの国は何か「一つでも」災害に直面したらその人の人生・終わりです。再チャレンジなど遠い世界。

そんなこと・わかってるくせに、衆院選も近いというのに、ldpを利するようなことばっかりする野党第一党の言いなりになる他の野党の意味がわかんないです。ここでldpが5%を公約に出してきたら、4/5ほど議席取られるよ。おれが「shinzo」ならそうして野党の「息の根」を止めて「独裁」を完成させるけどね。
posted by 浪速のCAETANO at 15:25| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。