2020年07月24日

over & over again

@1945年「300万人死んでも本土決戦を叫ぶ」


A2011年「世界最大規模の原発事故を起こしながら原発推進」


B2020年「感染拡大してるのに旅行促進」


ABが示すもの:

別の国のはずなのに政治風土は、still@の大日本帝国そのもの、であること。

要は「ガワ」だけ替えて中身そのまま。

このメンタルは何に由来するかと言うと、ジャスト1300年前の「日本紀」です、何度も言うてるが。

今年、おれはちょっと怖れてたことがあって、それは「そのこと」をバカウヨpoliticiansが言い出すのではないか?ってことだった。今んとこ、Olympiadとコロナで「忘れてる」と思われる。はい、そのままそのままでよろしくどーぞ。

飛ぶが、そのメンタルが激しく先鋭化した時期がある。

明治初期だが。

とにかく「ガワ」を取り繕うことにエネルギーを(どちらかと言うならマイナスのenergy)を費やす。これは「伝統芸」なのね。そう言わざるを得ないでしょう。

日本紀の現場では「中身総替えでガワを維持」した。

大日本帝国はじめ現在のこちらの国の「大間違いの大元」が、あまりに無理のある偽史を正史としてしまったことにあるのは間違いなく、そこから「夜郎自大」も始まるのであって周囲にも大変メーワクかけたんだけど、「いや、そんなことは、なかった」なんていうクソウヨの一団が存在し、その先頭にバカpoliticiansが存在し、また(何度目?)亡国へと向かってる。

バカは「何度でも間違う」。



posted by 浪速のCAETANO at 08:13| 大阪 ☔| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。