2020年07月28日

O 23o Anniversario de Todo O Mundo



基本『素数の周年』は比較的ジミなのね。今年はそもそもそうなのであり、しかもこの状況ですから、一時は中津の「いこいの隣のCave」というかなり変わった内装の店で行おうなどと画策していたのだが、お店の「やっぱ密はちょっと・・・」みたいなこともあり「そりゃそうよな」とコチラも思い・判断して、Todo O Mundo店内でこっそり行うことにしました。



北村くんが来てくれることなってる。あと岸も久しぶりに連絡が取れたのだが、「大阪の惨状」をみるにつけ、会社から「行くのダメ」と言われてるらしい。これが全国が大阪を見る目だったりする。まあどうなることやら・ね。「安全第一」はそれを尊重すべきこと、間違いないからね。


そんな中でもやっぱりどんな形でも「周年」はやんなきゃいけない。誰もこなかったとしても・である、極端な話。


人がこれからの生き方なんかを考えざるを得ん状況なのだが、店の在り方もまた考えるのにいい機会でもあって、そう簡単に結論は出ないが、それでも何かを考えなくちゃいけない。試行錯誤しなきゃいけない。


当日も距離を取って「さらっと」始めて終わりたいな・そう思ってます。



O 23o Anniversario de Todo O Mundo



19時 Open



20時 Start


@ Todo O Mundo



marutanikaz will play & sing




C U there.
posted by 浪速のCAETANO at 12:29| 大阪 ☁| Comment(0) | TODO O MUNDO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。