2020年08月15日

そういったAnniversarioが良いのでは(ご提案)

発掘が続けられている「梅田墓」。江戸終期〜明治初期といわれているが、「そんな近いこと」さえわからないのだね。

記録・っちゅうのは大変大切・ということがよく分かる。公文書、改竄も作らないもホント・あかん。チカンもアカンが。

30代ぐらいが多いとか、疾病や傷ついた後がある、とかがどうも気になる。1500体やろ?その多さも気になる。平和な匂いじゃない。事故とか伝染病とか処罰・そんな匂いが仄かに感じられる。

目と鼻の先だから気になる。そもそも、中津界隈などは「大した地域」ではないし、おれたちが来た10年ほど前でさえ、その伝統というか「マイナスのニュアンス」に溢れていた。おれは「それ」が良かったんだけどね。「隠れる」にはぴったし。隠れたかったのだ。

許永中が生まれ育った街。まあ「河のほとり」ちゅうのはなんかあんのよ。そこ・おれとかはどうでもいい。カウボーイズのミックスで一度来てたしね。あれは95年ぐらいだったはず。前川くんのTagRagがあったから。「うわ・この地域」と思ったものだった。当時、タバコの自販機23時まで・が始まったばかりだったが、「ほとんどカンケーないです」やった。そのタバコ屋の孫たちが5人いるんだけど、なんと豊津に在住してて、おれが苦渋の表情で「あんな〜・中津になあ・・・」みたいなこと言ったら、「なんの問題もなく」ずるっと来た。結局・一番上の兄貴から4人の妹・全員豊津から通って来てくれて、下の4人目が「特推」受けれそうで、5人目が中2(今ココ)。中〜大まで今んとこお世話はずっとやれている。


そんな中津にも最近「アフガンハウンド」が目撃されている。タワマンの乱立だけじゃなく、家族向け・独身用のマンションもその3倍ほど建ってしまっていて、転勤組の若者もちょくちょく常連化している。高瀬の後輩ね。

もうあんまり客は来ていただきたくない。めんどくさい。新たな人間関係で「負荷」を受けるのは「こちらです」なのでね。クソウヨとバカはお控えくださいね。おれと「合わなかったら」店居れんのでね。そんなのは犬・ネコ以下の扱いである。実際、犬・ネコはウェルカムだからね。

仕事はSelectiveにやんなきゃ。

ここはつい最近まで「ちょっとしたbayou」であった。「湿地帯」ね。いや、海・かな。奈良時代手前・大化の改新(と言われてる「ただの」乙巳のクーデター)後に孝徳が移った・とされる豊崎宮とは今のNHKんとこではなく、うちに家からJRの線路沿いに300mほど行った「豊崎神社」のことである。ズルズルの湿地帯。おそらく上町大地の先の先の先っちょね。その昔、神武がナガスネヒコに逆襲されて這々の体で逃げるときに通った上町台地北端の水道が南方・だからね。通説の宮は九州王朝の別都ね。あんな夕日の見える「一等地」に近畿の豪族が住めるわけがない。日本書紀なんて盲信しちゃダメよん。そのウソを読むだけでいっぱいいっぱいの人多いけどね。古事記・然り、ね。

そんな、九州が送り込んでいた財務官僚の蘇我氏殺しておいて「タダで済むかよ」。


中津にはおそらく外からみるとだが「カネが匂う」んだろう。隔世の感がある。今だったら隠れないな・ここには。

来んな・とは、「店」なら言えても「街」は言えない。


おれは「いこい」があって「市橋」があればそれでいい。後、自分の店。夏場のファーストの「ソフトクリーム」。中津平成クリニック。以上。



さて、「終戦記念日」という言葉遊びはもう辞めてさ、敗戦記念日もまだ違う。立場がおかしい。

「大日本帝国消滅記念日」「大日本帝国崩壊記念日」「大日本帝国滅亡記念日」とかがいいんじゃないかな。これがFactに最も近いからね。

だから今のままで、戦後レジームを解体して以前の・・・なんてのは「論理矛盾」なのよ。そこんとこ、「わっかるかな〜」と久しぶりに松鶴家千とせ師匠化して終わっときたい「精霊流し」の日。
posted by 浪速のCAETANO at 09:06| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。